風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


4.3 熊本、巨石群の山

2013年4月3日

朝、熊本の街をひとりでウロウロしてたら、天草からよしくんが到着した。

a0006008_19554476.jpg

熊本交通センター前の巨大クスの前で。


それから、熊本市内に住む僕の友達、てるえちゃんが現れた。

a0006008_19554592.jpg


三人で出かけた。

a0006008_19554639.jpg

よしくんが高校卒業後、天草を出て一年間浪人時代を過ごした熊本の街を散策。

そして、てるえちゃんの車で郊外へ。

熊本市西部に、金峰山(きんぽうざん)という山があり、宮本武蔵が晩年にこもっていた洞窟がある。というので、行ってみた。

a0006008_1955476.jpg

宮本武蔵さんと僕。
宮本さんはけっこう顔がでかい。


a0006008_19554848.jpg

五百羅漢!
「羅漢さん」とは、ブッダの弟子で、さとりを開いた人たち、らしい。

a0006008_19554892.jpg



アメリカインディアンに伝わる精霊に「ココペリ」というのがいる。
ココペリが笛を吹きながら歩くと、そのあとには植物が芽を出す、という不思議な存在だ。
その、ココペリの話をしながら歩いていると、ひとりの羅漢さんを見つけた。

a0006008_19554949.jpg

この羅漢さんは、笛を吹いている。
そしてその笛の先には、すみれの花が咲いている。
まるでココペリのようだ…!


a0006008_19555031.jpg

これが、宮本武蔵が晩年にこもって「五輪書」を書いていたという、霊巌洞(れいがんどう)の中から、外を見た景色。

武蔵さーん、いったいここで何を思っていたんだい…?
と、しばし思いを馳せる。


a0006008_19555135.jpg

ヤギがいる!
これから行くカフェ「ココペリ」のヤギらしい。


a0006008_19555219.jpg

ココペリに行こ〜ぅ♪


a0006008_19555322.jpg

ココペリ店内。
「なんかなつかしい感じがする…!」
と、よしくんがつぶやく。


a0006008_19555428.jpg

デザートの時間。


ココペリの店主さんとてるえちゃんは顔見知りなので、一緒に話した。

お店も、店主さんも、いい感じだった。

また、行きたいな。


店主さんに、地図を描いてもらった。
a0006008_19555567.jpg

宝の地図を手に、僕らは出かけた。


a0006008_1955562.jpg

途中、天使のような、羽根のような雲が出ていた。


a0006008_19555670.jpg

目指すは「拝ケ石(おがみがいし)巨石群」!


a0006008_19555741.jpg

森の中を歩く。


a0006008_19555851.jpg

「方位石」の前で。
置いてあっためがねをかける、よし博士。


a0006008_19555980.jpg

巨大な岩がいくつも立っている…!


a0006008_195608.jpg

石の間を探検するてるえちゃん。


a0006008_1956222.jpg

すり抜けるよしくん。


a0006008_1956375.jpg

はさまる清火。


a0006008_1956371.jpg

巨大な石が突っ立っている…。


a0006008_1956569.jpg

山頂部に、六角形に配置された、六つの巨石が立っている。

これは、自然ではない。
どうみても人工、人為だろう。
いつ、だれが、なんのために、どうやって…??

石のあいだを歩き、
ひかりのなかに消えてゆくよし博士。


a0006008_1956516.jpg

かめ石!
背中に不思議な紋様?割れ目?がある…。


a0006008_1956676.jpg

かめ石は背中しか写真を撮っていないが、かめの頭も付いていた。
そして、六角形の紋様というか線が、刻まれていた。

さらに、研究者によると、シュメール文字や、古代ケルト文字のように見える、文字のようなものも刻まれているという。(僕らは発見できず)

不思議だらけだ。


a0006008_195679.jpg

a0006008_1956879.jpg

a0006008_1956933.jpg

a0006008_19561046.jpg

最大の石の前で。


阿蘇の押戸石という巨石群にも行ったことがあり、そこも凄かったが、
ここは、押戸石以上の不思議さを感じた。

巨石を正六角形型に配置したのが誰か、知りたい。
むちゃくちゃおっきくて、ちょっとやそっとでは動かせそうにない石なのだ…。


そして、帰る。
a0006008_19561199.jpg

a0006008_19561220.jpg

a0006008_19561349.jpg

あー、
面白かった。


てるえちゃん、よしくん、ありがとう。


夕方、よしくんはバスで博多に行った。

てるえちゃんは家に帰った。

僕は熊本の夜の街に消えてった。
[PR]
by kazeture | 2013-04-20 07:12
<< 4.4 博多へ 4.2 さよなら天草 >>