風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


島キャンプ

a0006008_11564790.jpg

a0006008_11564780.jpg

a0006008_11564730.jpg

9月29日

2kmの橋を歩いて渡り、古宇利(こうり)島に着く。

ビーチで海水浴している人たちがいる。

この島には橋をドライブをする目的で来てる人が多く、みやげ物屋などがにぎわっている。

人ごみの中を通り抜けて人気(ひとけ)のないあたりに行き、ぶらぶらと散歩したり、海を見ながらボーッとする。

岩の上に牛の頭骨が載っている。

小さな道の駅のような所で弁当を買い、食べた。

日が暮れてきた。

僕は誰も知らない場所にテントを張った。

暗くなると人気(ひとけ)は消え、島は静かになった。

アダンの葉のギザギザがシルエットになっている。

星ぼしの下、浜辺を散歩する。

そんで眠った。
[PR]
by kazeture | 2011-11-26 11:56
<< 日没 旅の果て >>