風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

宮城への旅(2)

11月18日、宮城の旅のつづき
a0006008_23305841.jpg

石巻から女川に行き、また石巻に入る。
海岸部を北上していく。

と…
a0006008_23305926.jpg

コンクリートの建物が横倒しになっている…!
これには驚いた。
津波の力の物凄さを感じた。

石巻市の、雄勝(おがつ)地区に入った。
a0006008_2331123.jpg

「おがつ 店こ屋街(たなこやがい)」という、仮設の商店街があった。
そして、ここができて一周年のお祭りをやっていた。

a0006008_2331443.jpg

ライブを開催中。
この建物(旧雄勝支庁舎)の三階の中ほどまで津波は来たらしい。

a0006008_2331556.jpg

銅像も防寒着を着せてもらって、あったかそう。

a0006008_2331663.jpg

仮設の店舗の中。
雄勝地区では店舗の7、8割が被災、流失したという。
だがこうやって再び元気に芽を出している。

a0006008_2331746.jpg

名物の石巻焼きそばとホタテを食べた。

a0006008_2331865.jpg

a0006008_2331994.jpg

北上川、という大きな川を渡る。

a0006008_23311114.jpg


そして…
釣石神社(つりいしじんじゃ)という神社があった。
a0006008_23311269.jpg

おぉ、すごい石が上にある!
張り出している。
落ちそうだ。

a0006008_23311430.jpg

その石の下まで行ってみた。
上を見上げると大迫力だ。
内心、ヒヤヒヤしていた。

a0006008_23311562.jpg

この立て札には、「ここまで津波が来ました」と書かれていた。
左上に石が見えるから、この石のすぐ下まで波は来たのだ。


さて、そのあと、石巻市から南三陸町へと入った。

a0006008_23311656.jpg

モアイA。波で、壊れたらしい。

a0006008_23311735.jpg

モアイB。下の方が少し欠損している。

a0006008_23311829.jpg

モアイが眺める海。

a0006008_23311928.jpg

南三陸町は、町全体が津波に呑まれ、流されてしまった。
もっとも津波被害が大きかった場所の一つだ。
三階建ての屋上をも越す大波が来た。
今では大部分が更地になり、ところどころ、建物の鉄骨だけが残っている。

a0006008_2331218.jpg

骨組みの間を風が吹き抜けてゆく。

a0006008_23312215.jpg

南三陸町防災庁舎の跡。
ここの若い女性職員は、津波が来る直前まで町のみんなに「逃げて」という放送を流し続け、津波に呑まれて亡くなった。
今は下の所にみんながやって来て、黙祷したり千羽鶴を捧げたりしていた。

南三陸町は大部分が更地になっているが、高台のほうに行くとプレハブなどが建ち始める。

プレハブのセブンイレブンがあり、明かりを灯していた。
人々が立ち寄っている。
こんなセブンイレブンを初めて見た。
荒れ地から芽生え出た、プレハブセブンイレブン…。
たくましい生命力のようなものを感じる。

そのあと、「南三陸さんさん商店街」という仮設商店街があったので行った。
なにもかも失い、命は在った人たちが再び開いた、仮設の店舗たち。
ここで、うどんをいただいた。
a0006008_23312368.jpg

うどん屋の人たち、みんな優しかった。笑いかけてくれた。
僕はあたたかいものを受け取った。
ありがとうございました!


そのあと海沿いに走っていると、海辺に三階建てのマンションがあった。
上まで全ての窓がなく、がらんとした廃墟になっている。
そして鉄でできた非常階段がグニャグニャに曲がっていた。
それを見た時、「うわぁ…」と、また津波の凄まじい力を感じた。
そして一瞬、風景が静止し、時間が止まったようになった。
その時、「津波は、ほんとうに来たんや!」とはっきりと感じた。
しばらくボーッとしていた。


さらに車を走らせ、南三陸から気仙沼に入った頃、こういう場所があった。
a0006008_23312420.jpg

「全世界のみなさんありがとう」
と書いてある。
下には七色の千羽鶴が下がっている。
全世界に向けて、「ありがとう」というメッセージを送る。
そういう機会は、めったなことではない。
けど、ここの人たちはすべてを失うことと引き換えに、その稀有な機会を得たのだ…。


a0006008_23312552.jpg

気仙沼の市街地。

a0006008_23312674.jpg

最後にたどり着いた、気仙沼港の海。

a0006008_23312747.jpg

一緒に行ってくれた仙台のよっちゃん、ありがとう。

この旅の途上で出会い、話した宮城の人たち、ありがとう。

失い、流された場所に行き、僕は多くを受け取り、最後に「ありがとう」という言葉が残る。
そういう旅になった。
[PR]
by kazeture | 2012-11-30 23:50 | Comments(0)

宮城への旅(1)

a0006008_2215524.jpg

石巻の海で。


2012年11月17日から19日まで、宮城県に行って来ました。

2011年3月11日の地震が起こってから、はじめてです。

そして東北に足を踏み入れるのも、2005年の夏以来7年ぶりのことでした。



11月17日
新宿から昼行バスで仙台に向かった。
a0006008_22155399.jpg

福島県、安達太良山の横を通過。

a0006008_22155412.jpg

仙台駅前に到着。

a0006008_22155516.jpg

奇妙なヒトが出迎えてくれた。

a0006008_22155768.jpg

繁華街は人でいっぱい。
アーケードにぶら下がるサンタ、よく見るとなんか変だ。
仙台四郎さんという方らしい。

a0006008_2216083.jpg

仙台在住の友達と落ち合い、散歩しながら翌日の行動の計画を練る。

翌日は石巻から海沿いに北上して、行けるとこまで行ってみよう、ということになった。

この日は僕はカプセルホテルに泊まった。



11月18日
a0006008_2216168.jpg

朝早く、車で出発し、仙台から石巻へ向かった。

a0006008_2216229.jpg

うわぁぁぁー!!
虹が出てる!!

a0006008_2216352.jpg

石巻に到着。

a0006008_2216446.jpg

石巻駅と僕。
漫画家・石ノ森章太郎さんの故郷ということで、石ノ森漫画のキャラクターがいる。

a0006008_22161068.jpg

石ノ森萬画館が前日に再オープンしたということで、人でにぎわっていた。
石巻の海辺にあり、津波で大きな被害を受けたのだが、やっと再オープンにこぎつけたという。
ちなみに僕は以前ここに入ったことがある。

a0006008_22161131.jpg

ロボコンと記念撮影。
僕は幼少時ロボコンが好きであった。

a0006008_22161510.jpg

ものすごく大きな波が押し寄せた海辺に立つ。

a0006008_22161769.jpg

津波がぶち当たり、壊れて片足になりながら立っている自由の女神。

a0006008_22161841.jpg

完全に津波に呑まれ、廃墟になった門脇小学校。
バスで見学に来てる人たちがいた。

a0006008_22161916.jpg

a0006008_22162158.jpg

波が強い、石巻の海。

石巻から女川方面へ向かう。
a0006008_22162346.jpg

a0006008_22162487.jpg

瓦礫の山。

a0006008_22162556.jpg

車を走らせる。


次につづく。
[PR]
by kazeture | 2012-11-30 21:18 | Comments(0)

わらびでナゴむ

2012年11月4日(日)
わらびの町を、わらび人シーモンと散歩。

a0006008_11201192.jpg

ここがわらび。

a0006008_11202842.jpg

わらびの中心部を指し示すシーモン。

a0006008_11203197.jpg

なごみ堂でナゴむ。

a0006008_11203217.jpg

こっ、ここが…

a0006008_11203254.jpg

こここそが…

わらび、川口、戸田という三つのクニが境を接する地点だ…!!

a0006008_11203991.jpg

お?

a0006008_11204088.jpg

おぉ…飛行船がゆく…。

ドラえもんの模様らしい。

シーモン「飛行船て、中にヒト入ってんの?」

さやか「知らん。入ってるんちゃうの?」

シ「あれ、リモコンちゃうんかなぁ?」

さ「知らんけど、入ってると思ってた」

a0006008_11204140.jpg

かっぱ発見!

a0006008_11204297.jpg

井戸がある!
現役の井戸や!
水を出しまくれ!

日本では井戸が減って、地下世界が窒息しそうになっている。
水を出しまくり、循環させるのだ。


電車に乗って、わらびと東京の間にある「王子」という駅で降りてみた。

飛鳥山公園というのがあり、祭りを開催していた。
a0006008_11204495.jpg

おきなわ民謡。

a0006008_11204517.jpg

ハニワ展示場で眠るシーモン。
貼り紙、おねえさん、シーモンの三者のハーモニー。

a0006008_11204972.jpg

飛鳥山公園の森。
気持ちいい場所。

a0006008_11205019.jpg

王子駅と空。


そのあと、さらにトーキョーに攻め上り、上野公園へ。
a0006008_11205965.jpg

シノバズの池のハス。

a0006008_1121323.jpg

ハスと人々。

a0006008_1121647.jpg

弁天堂とかなんとかいうところ。

a0006008_1121990.jpg

脳にケムリ。

a0006008_11212696.jpg

ハスのそばで英語の本を読むシーモン。

ちなみに、シーモンは普段の会話も、上野公園を歩いてるときの会話も、ひとりごとも、読む本も新聞も、見る映画も聞く音楽も、すべてが英語である。

日本人のはずだが…。

a0006008_11214179.jpg

ツタンカーメン。

このあと、上野公園のカフェでふるい友達、チア坊に会い、
三人でむかしの話やいまの話をした。

それからわらびに帰って寝た。
[PR]
by kazeture | 2012-11-17 10:49 | Comments(0)

稲刈りツアー

いま、埼玉のわらびの友達の家に滞在していますが、10月23日から3泊4日で、長野の小諸の友達の家へ稲刈りツアーに行ってきました。

10月23日の夕方、千葉のいすみ市から来たみっちゅう(ミチユウ)&いづみちゃん夫妻の車で、小諸に向かいました。
嵐の中を。
夜8時、小諸のよしくんとつきちゃんが暮らす家に着きました。


24日の朝。
近所の景色。
a0006008_0125650.jpg


よしくんと、田んぼへ。
a0006008_0125876.jpg


これがよしくんが育てた田んぼ。
a0006008_0125850.jpg


これを明日刈りまーす。
a0006008_0125991.jpg


さて、24日は佐久市という所でインド占星術師ミチユウのワークショップがあり、僕らもくっついて行きました。
a0006008_013024.jpg

浅間山。

a0006008_013185.jpg

信州は雄大。

インド占星術ワークショップ開始。
a0006008_013217.jpg

ミチユウが話す。

a0006008_013470.jpg

それを見守る妻・いづみちゃん(中)、つきちゃん(左)、よしくん(右)、清火(写ってない)。

散歩。
a0006008_013589.jpg

a0006008_013639.jpg

道祖神、発見。

a0006008_013722.jpg


a0006008_013810.jpg

誕生日の方がいました。

a0006008_01391.jpg

ケーキをもらいました。

そのあと、持ち寄りの食事をいただきました。

僕もギタレレで一曲歌わせてもらいました。

投げ銭をくれた方がいて、嬉しかったです。

新しい知り合いができてよかった。


25日は稲刈り!
a0006008_0131021.jpg

さっそく刈りまくっている。
僕は稲刈りは二度目です。
サクッ、サクッと刈っていくのは楽しい。
a0006008_0131228.jpg

刈り進む村上夫妻。

a0006008_0131344.jpg

稲を刈る清火。
左は近所のベテラン、山口さん。

a0006008_0131484.jpg

なんと、3歳の女性が稲刈りしていた。
お母さんと一緒に。

a0006008_0131591.jpg

よしくんがいつも水を汲んでいる湧き水。

a0006008_0131727.jpg

だいぶん刈れた。

お昼にしよう。
a0006008_0131869.jpg

a0006008_0131941.jpg

ばかうまな食事。

a0006008_0132187.jpg

ますます刈る。

a0006008_0132391.jpg

刈り終わる!

a0006008_0132586.jpg

はさがけという作業。

a0006008_0132740.jpg

僕もやってます。

a0006008_0132871.jpg

a0006008_0133549.jpg

a0006008_013308.jpg

みっちゅうも。

a0006008_0133125.jpg

a0006008_0133361.jpg

やったー!
終わった!

a0006008_0133455.jpg

つきちゃんが舞を奉納。
よしくんと僕が真似る。

a0006008_0133629.jpg

さ、帰ろう。

a0006008_0133761.jpg

わぁー。

a0006008_0133829.jpg

沈む夕陽をバックに歌いました。

a0006008_0133945.jpg


a0006008_0134022.jpg

夜、お吸い物を飲む人々。


26日。帰る日。
a0006008_0134336.jpg

来年用の稲もみ。

a0006008_01344100.jpg

a0006008_0134555.jpg

一緒に食べたり話したり笑ったり歌ったり踊ったり、
楽しかったよ!
ありがとー!!

a0006008_0134623.jpg

ゴレンジャー!

a0006008_0134775.jpg

a0006008_0134933.jpg

a0006008_0135029.jpg

また会おーね。
[PR]
by kazeture | 2012-11-01 23:17 | Comments(0)