風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


<   2012年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

奥穂高岳登頂記 3日め 下山

9月21日
3190mの頂きに立ったので、あとは下山するだけだ。
でも下りというのは登りよりも危ない場合も多いし、
慎重に行かなければならない。

まず、頂上からホタカ小屋までそろそろと下りる。
垂直ハシゴの所、こわ過ぎかと思ったが、大丈夫だった。

小屋に着き、ホッとひと息。
a0006008_10175852.jpg

ホットレモンを注文して飲む。
しみじみと美味い。
登頂の喜びにひたる。

a0006008_1018028.jpg

小屋のお土産を眺める。
奥穂高の登山バッチは打ち切れてたので、タオルを一枚買った。

そしてテント場に行き、テントを撤収した。
ほかのテント民たち(10張りくらいあった)はすでにすべていなくなっていた。

荷物を詰め、すべてを担ぐと、下山を開始した。
依然としてガスは濃い。
a0006008_1018190.jpg

a0006008_1018235.jpg

ガスの中、ぼんやりと浮かび上がる登山者たち。
こういう姿は、なんだか「勇者」のようだ。

a0006008_101835.jpg

a0006008_1018479.jpg

岩にペンキで矢印とか○とかの目印が付いている。
それを見ながら注意深く進む。

a0006008_101855.jpg

a0006008_1018680.jpg

a0006008_1018750.jpg

a0006008_1018838.jpg

a0006008_1018982.jpg

涸沢のテント場が見えた。

a0006008_10181031.jpg

a0006008_1223646.jpg

a0006008_10181367.jpg

a0006008_10181447.jpg


あ。
a0006008_10552423.jpg

青空。

a0006008_10552677.jpg

涸沢まで下りたら晴れた。

a0006008_1055273.jpg

涸沢テント村。
涸沢ヒュッテで面白い柄の手拭いを買った。

a0006008_10552963.jpg

a0006008_10553085.jpg

a0006008_10553243.jpg

こんなにも晴れた…。

a0006008_13381679.jpg

a0006008_13381786.jpg

a0006008_13382048.jpg

a0006008_1338211.jpg

a0006008_10181892.jpg

キノコの王国。

a0006008_10182069.jpg

木漏れ日。

a0006008_101822100.jpg

明神館。

a0006008_10182490.jpg

明神岳の雄姿。

a0006008_10182583.jpg

a0006008_10182868.jpg

そして、上高地に帰り着いた。

すべての行程を歩き通すことができた。

河童橋からは、行きは見えなかった穂高連峰が夕日に照らされて
はっきりと見えた。
a0006008_10182955.jpg



上高地からバスに乗って新島々まで行き、
a0006008_10183181.jpg

列車に乗り換えて松本まで行った。

松本駅前で夕食を取り、安いホテルに入って風呂に入り、休息し、眠った。

こうして、僕の奥穂高行きは終わった。


今回の登山は生涯のあらゆる経験の中でもトップレベルのしんどさだった。

でも、いやな感じなどはない。

今ではキラリと光る宝石のような思い出だ。


そして喉元過ぎれば熱さを忘れ、

やっぱりまた「つぎはどの山に行こうかな?」と考えている。


ありがとう、奥穂高。
[PR]
by kazeture | 2012-09-30 09:55 | Comments(0)

奥穂高岳登頂記 3日め 頂上アタック

9月21日
標高2985mの朝。
雨音で目が覚めた。
雨音⁈
わー、雨降ってる。

テ、テント内に浸水してる…⁈

寝袋や、着替えや、そこらへんの物がみなビショビショに濡れてる。

うわー、油断してた。

頂上アタックの朝に雨が降るなんて、想像もしなかった。

あーあ。


あと、標高差にして200m。
コースタイムは50分。
50分登れば頂上に着く。

雨、風、霧。
今だけだったらいいんだが。
6時から7時まで、1時間ほど待ってみた。

そして7時。
奥穂高岳頂上部は、こんな状態。
a0006008_14233849.jpg

でも、もう行こう。
僕は行くことにした。

ちょうど、昨日涸沢岳山頂で会った女性と、もう一人山小屋泊の男性が連れ立って山頂に向かおうとしていた。
その二人の後から行く形になった。

ホタカ小屋のわきから登り出す。
いきなり急な登りで、クサリ場があり、垂直なハシゴが二つ連続する。

そのハシゴに手をかけた時、ひときわ風が強くなり、冷たい雨がビシビシと顔と手に打ちつけた。

ぐわぁー、厳しい!

なんなんだ、この状況は。

金属のハシゴはとても滑りやすい。

ここで心を揺らしてちゃいけない。
体も揺れて、ツルッと滑ってしまう。
落ちたら、一巻の終わりだ。

僕は静かに登って行った。

a0006008_14234049.jpg

先を行く二人が、危険なハシゴ場を越えようとしている。

まず女性が行き、男性が続く。

二つめのハシゴの途中で、男性が止まっている。
「どうしました?」ときいてみた。
「こわいんです」
「はぁ」
「さっきからこわくて…僕、だめかもしれない」
「ほひぁ」
「こういうのが続くんですかね?」
「あ、こういうのはここだけらしいですョ」
「そうですか…」
男性は、意を決したように登りを再開した。
ゆっくりと登って行った。

実際、急過ぎて困るのは始めだけだった。

精神を集中させて乗り切ると、後はなだらかになった。

a0006008_14234320.jpg

途中で後ろを振り返って見た。
昨日登った涸沢岳と、下にホタカ小屋。

雨なので、写真はあまり撮れなかった。
(iPhoneをビニール袋に入れていた)

a0006008_14234571.jpg

頂上近くの様子。

そして…
a0006008_14234829.jpg

登頂した!
奥穂高岳3190m、山頂。
2012年9月21日午前7時45分。

a0006008_14235029.jpg

なんか、帽子がヘン。

まっっっしろな景色が見えた。
[PR]
by kazeture | 2012-09-28 23:22 | Comments(0)

奥穂高岳登頂記 2日め後半

9月20日 後半
涸沢(標高2300m)からホタカ小屋(標高2985m)に向けての登り。の後半戦。
a0006008_10523328.jpg

遠くに見えてるのは常念岳。きれいな形の山だ。

a0006008_10523665.jpg

a0006008_10523848.jpg


a0006008_10523477.jpg

ザイテングラート、という場所へ。
ザイテングラートとは、主稜に対する支稜という意味。
細く、急な稜線の登りが始まる。
しかも岩がやたらとゴツゴツしている。

a0006008_10524093.jpg

クサリ場やハシゴが続く。

a0006008_10524148.jpg

すごい高度感!

a0006008_10524381.jpg

重い荷物を背負って岩稜帯を登りまくり、
バテバテになる。

a0006008_10524425.jpg

あっ、「ホタカ小屋20分」!
助かった!

a0006008_105245100.jpg

むぅー、曇ってきた。

a0006008_10524689.jpg

涸沢にガスが下りる。

a0006008_10524962.jpg

僕を励ましてくれた花。

a0006008_10525096.jpg

見えたーっ!
ホタカ小屋!

a0006008_10525121.jpg

つ、着いたぁぁぁぁ!
標高2985m。
今日はここまで。
疲れ果てた。

a0006008_10525375.jpg

テント場にテントを張る。

a0006008_10525578.jpg

狭ーいテント場。

a0006008_10525618.jpg

階段状になったテント場に、テント民たちがそれぞれ暮らしている。

a0006008_10525841.jpg

ホタカ小屋内部。

a0006008_10525917.jpg

奥穂高山頂方面は霧の中。

a0006008_105313.jpg

カレーうどん作る。
ばかウマ!

a0006008_1053266.jpg

涸沢岳に登る。
テント場から、徒歩20分で山頂に行ける。

a0006008_1053337.jpg

涸沢岳(標高3110m)登頂!

a0006008_1053846.jpg

涸沢岳の山頂部は、ものすごく切り立っている。
特に北穂高側が恐ろしく切れ落ちていた。
a0006008_105341.jpg

山頂部で、この山ガールから突然人生相談を受ける。
難しすぎて困る。

a0006008_1053648.jpg

涸沢岳頂上から見た、ホタカ小屋と、奥穂高岳。

a0006008_1053897.jpg

また別の山ガールたちが、北穂高からの危険なルートをやってきた。
やるな…!

とにかくこの日はバテバテに疲れてしまった。

夕方はゴロゴロし、
お米を炊いて親子丼を食べた。

そして翌朝の頂上アタックに備えて眠った。
[PR]
by kazeture | 2012-09-27 15:34 | Comments(0)

奥穂高岳登頂記 2日め前半

9月20日
晴れた!
a0006008_972494.jpg

朝6時、横尾から歩き出す。

a0006008_972532.jpg

a0006008_972676.jpg

a0006008_972776.jpg

a0006008_972826.jpg

a0006008_972983.jpg

本谷橋。

a0006008_973064.jpg

これ以降は、急な登りとなる。

a0006008_973146.jpg

a0006008_973223.jpg

a0006008_973316.jpg

a0006008_973550.jpg

あ、もう、涸沢(からさわ)だ。

涸沢は標高2300m。
穂高連峰への登山基地となる場所で、山小屋や広いテント場がある。

a0006008_973548.jpg

a0006008_973662.jpg

涸沢ヒュッテ。

a0006008_973725.jpg

a0006008_973831.jpg

涸沢のテント村。

a0006008_973983.jpg

a0006008_974057.jpg

a0006008_97418.jpg

涸沢の光景は雄大でいいなぁー。
雪がいっぱい残っている。

a0006008_974297.jpg

北穂高と奥穂高への分岐点。
20年前は、北ホ(3106m)へ行った。
今回は奥ホ(3190m)へ。

よし、行こう。
さらに上へ。
a0006008_974378.jpg

a0006008_974448.jpg

a0006008_974518.jpg

a0006008_974649.jpg

a0006008_974756.jpg

a0006008_974825.jpg

a0006008_974976.jpg

a0006008_975065.jpg

a0006008_975177.jpg

a0006008_975240.jpg

a0006008_97532.jpg

a0006008_975441.jpg


つづく
[PR]
by kazeture | 2012-09-27 08:46 | Comments(0)

奥穂高岳登頂記 1日め

9月19〜21日と、北アルプス奥穂高岳(標高3190m)に一人で登りに行っていました。

その記録です。

9月18日夜のバスで京都から上高地へ。
9月19日朝6時、上高地到着。
a0006008_1444170.jpg

河童橋付近の景色。
梓川、きれい。
穂高連峰は雲をかぶってます。
20年ぶりに来た。

a0006008_1444265.jpg

a0006008_1444476.jpg

樹と。

歩き出す。
a0006008_1444673.jpg

平坦な道が続く。

a0006008_1444738.jpg

a0006008_1444596.jpg

a0006008_1444890.jpg

a0006008_1445035.jpg

森の中の道。

a0006008_1445178.jpg

明神館。
小屋があるたびに、休憩を取る。

a0006008_1445241.jpg

缶が160円になっている。

a0006008_1445499.jpg

標識を見て行こう。

さらに歩く。
a0006008_1445556.jpg

a0006008_1445637.jpg

a0006008_1445846.jpg

a0006008_1445952.jpg

河原をゆく道。
ネパールを想い出す。

a0006008_145047.jpg

徳沢。
草原のキャンプ地。

a0006008_145298.jpg

徳沢園。
a0006008_145336.jpg


a0006008_145442.jpg

a0006008_145543.jpg


a0006008_14575.jpg

横尾に着いた。
今日は横尾でキャンプ。

a0006008_145932.jpg

テントを張った。

a0006008_1451052.jpg

a0006008_1451259.jpg


a0006008_1451317.jpg

左:スペインで買った出前一丁
右:日本で買った出前一丁

a0006008_1451447.jpg

炊事。

a0006008_1451596.jpg

スペインのも美味しい。
(Made in EUと書いてあった。大雑把すぎる)

a0006008_1451616.jpg

a0006008_1451793.jpg

a0006008_1451999.jpg

昼寝する。

a0006008_1452024.jpg

ご飯を炊く。

a0006008_1452277.jpg

夕食は中華丼。

a0006008_1452364.jpg

一日が暮れてゆく。
明日は晴れてくれよ〜!
おやすみ。
[PR]
by kazeture | 2012-09-26 13:25 | Comments(0)

ただいま。

マドリードからソウル経由で
今日、無事に関西空港に着き、
京都の家に帰って来ました。

旅、終了です。

関わってくれたすべてのみなさん、
ありがとうございました!

あー楽しかった。

a0006008_19433982.jpg

[PR]
by kazeture | 2012-09-12 19:39 | Comments(0)

さよなら

じゃあ…
明日(9月11日)の朝マドリードを離陸して、
あさって(9月12日)の朝オーサカに着く…と思います。

さよならヨーロッパ。
ありがとう、
楽しかったよ。

a0006008_4334152.jpg

[PR]
by kazeture | 2012-09-11 04:25 | Comments(0)

マドリードの蚤の市

毎週日曜日、マドリードで蚤の市が開かれる。
というので、昨日行った。
a0006008_4204679.jpg

並木道に露店が並び、人がうじゃうじゃいる!

a0006008_4204851.jpg

ジーパン屋。

a0006008_4205036.jpg

ぶら下げもの屋。

a0006008_4205285.jpg

演奏隊。

a0006008_4205386.jpg

微動だにしない二人組。
アフリカの女性とカメラマン…の銅像のふりをしてる。

そして、ガラクタ通りへ。
華麗なるガラクタたちの祭典!
a0006008_4205435.jpg

a0006008_4205521.jpg

a0006008_4205757.jpg

a0006008_420581.jpg

a0006008_4205957.jpg

a0006008_421065.jpg

a0006008_421263.jpg

a0006008_421325.jpg

あー、ガラクタ見てるのって面白いな。

a0006008_421435.jpg

ガラクタ通りの人々。

a0006008_421610.jpg

もう、何がなにやらわからない。

a0006008_421783.jpg

キリストも偶像、スパイダーマンも偶像。

a0006008_421857.jpg

タニク・サボテン祭り!

a0006008_4211041.jpg

a0006008_4211028.jpg

この店でTシャツを一枚買いました。

a0006008_4211181.jpg

微動だにしてない…のに…誰も見てない…。

蚤の市、面白かったー!


おまけ:
a0006008_4211288.jpg

紙幣を降らせるブッダ。
さすがだ。
[PR]
by kazeture | 2012-09-11 04:04 | Comments(0)

マドリードの日々

9月3日から10日まで一週間、マドリードで過ごした。
あまり何もしなかった。
これまで二ヶ月間、毎日移動して何かを見続けていた。
ので、そういうのはもういいや、という感じだった。
マドリードの公園でのんびり過ごした。

以下、そのマドリードの日々の写真です。
a0006008_3494397.jpg

a0006008_3494538.jpg

マヨール広場。

a0006008_3494788.jpg

マヨール広場の、変な生きもの。

a0006008_3494851.jpg

変な生きもの、遠景。

a0006008_3494959.jpg

a0006008_3495099.jpg

スペイン広場。

a0006008_3495129.jpg

ケバブ屋。ここにもトルコは進出してる。
僕は時々ケバブが食べたくなり、この店に行った。

a0006008_3495243.jpg

バナナとオレンジを食べる。

a0006008_349531.jpg

1Q84、売れてます。

a0006008_3495410.jpg

ソル広場。四角い変な生きものが…。

a0006008_3495518.jpg

ソフィア芸術センター。
ここにピカソの大作「ゲルニカ」があるので、見に行った。

a0006008_3495656.jpg

ビル壁みどり。

a0006008_3495788.jpg

市役所。

a0006008_3495792.jpg

a0006008_3495830.jpg

a0006008_3495938.jpg

古本市。

a0006008_350027.jpg

レティーロ公園。
緑が多く、いい感じ。

a0006008_350159.jpg

a0006008_350326.jpg

a0006008_35035.jpg

a0006008_350416.jpg

安宿の部屋。

a0006008_350551.jpg

スペイン広場、謎のオレンジ群。

a0006008_350688.jpg

「ウドン・ソバ・ラーメン」という店のメニュー。
チキンラーメンが1100円もして、息が止まりそうになった。

レティーロ公園の巨大シャボン玉おじさん。
a0006008_350791.jpg

a0006008_350881.jpg

a0006008_350938.jpg


a0006008_3501052.jpg

奇妙な位置関係にある二人組。

a0006008_3501080.jpg

a0006008_3501164.jpg

[PR]
by kazeture | 2012-09-11 03:25 | Comments(0)

路地裏リスボン

9月2日 午後
リスボンの路地裏へ潜入。
a0006008_543081.jpg

a0006008_543465.jpg

a0006008_543989.jpg

a0006008_5431350.jpg

a0006008_5431787.jpg

リスボンは青空がとても印象的だった。

a0006008_5432286.jpg

a0006008_5433663.jpg

a0006008_5434188.jpg

なんとなく、のんきな時間が流れる。

a0006008_5434626.jpg

a0006008_5435021.jpg

生きてる〜?

a0006008_5435595.jpg

ファド(ポルトガルの民謡)を聞かせる店。

a0006008_544664.jpg

顔。

a0006008_5441128.jpg

ブーゲンビリア。

a0006008_5441659.jpg

ポルトガルではお茶を「チャ」という!
日本と同じじゃないか。
ちなみにアジア〜中東圏ではだいたい「チャ」か「チャイ」で、ヨーロッパは「テ」、「ティー」である。
なのにここにきてくるりと反転して「チャ」に!

a0006008_544204.jpg

青いなぁ。

a0006008_5442515.jpg

a0006008_5443175.jpg

ボタン・カーテン。

a0006008_5443410.jpg

a0006008_5443668.jpg

a0006008_5444046.jpg

a0006008_5444362.jpg

生きてる〜?

a0006008_5444570.jpg

そろそろリスボン滞在も終わりだ……。
なんか気に入ったなー、この街。

9月2日の夜の夜行バスで、僕はリスボンからスペイン、マドリードへ向かった。

a0006008_544478.jpg

さよならリスボン。

ありがとうアレックス君。
こんな西の果ての国に気の合う友達ができて、とてもうれしい。
[PR]
by kazeture | 2012-09-10 05:17 | Comments(2)