風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture


<   2012年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

アンダルシアに憧れて

1989年10月にブルーハーツのギタリスト、マーシー(真島昌利)はソロシングル「アンダルシアに憧れて」を出した。
当時高校生でブルーハーツが大好きだった僕は、その曲のCDシングルも買った。
「アンダルシア」というのはスペインの地名らしいが、何で急にマーシーがアンダルシアに憧れてる男の歌を歌うのか、わけがわからなかった。
でもマーシーの鬼気迫る歌い方には非常にグッときた。かっこよかった。
主人公は最後、うすれゆく意識の中、グラナダの詩(うた)を聞く‥‥。
それ以降僕は「アンダルシア、グラナダ」という土地が、猛烈に気になることになった。

それから23年の月日が流れた。
2012年8月27日、僕はマドリードからグラナダ行きのバスに乗り込んでいた。
ついに行くのだ、アンダルシア地方、グラナダへと‥‥。

a0006008_4555776.jpg

バスは走る。

a0006008_456082.jpg

黒い牛の看板が立ってる。

a0006008_456251.jpg

ドライブインで、パスタ・ナポリターナ。

ドライブイン周辺の景色。
a0006008_4561351.jpg

a0006008_4561743.jpg

a0006008_4562374.jpg


a0006008_4562825.jpg

オリーブ。
トルコ、ギリシャ、イタリア、フランス、スペイン‥‥地中海沿いにはどこでもオリーブがあった。

a0006008_4563364.jpg

グラナダに着いたー!
中心街は都会だ。

宿に荷を置き、うろうろと歩いてみる。
a0006008_4563956.jpg

a0006008_4564390.jpg

a0006008_4564998.jpg


a0006008_4565575.jpg

おぉ、アラブの雰囲気だ。
トルコで見たような。

a0006008_456585.jpg

a0006008_4572176.jpg

a0006008_457299.jpg

真ん中の木の絵が好き。

a0006008_457964.jpg

アルハンブラ宮殿を下から眺めたところ。
宮殿には明日行くつもり。

a0006008_4571346.jpg

グラナダは、ここイベリア半島の中でイスラム国家が最後まであった場所。

イスラム最後の残照がアルハンブラ宮殿である。(1492年に陥落)

街を歩くと、イスラムの香り、アラブの風を感じる。

バルセロナ、マドリードにはなかった。

ヨーロッパに混ざるアラブ。

そして、アフリカ、アジアの香りもある。

僕はこういうところが好きだ。

交差点のようなところ。

そういう場所には、旅人を生き生きさせる風が吹いている。
a0006008_4571744.jpg

[PR]
by kazeture | 2012-08-30 03:56 | Comments(0)

マドリードに寄り道

バルセロナに二泊したあと、8月26日、僕はマドリードに向かった。
トルコ、ギリシャ、イタリア、フランスと、ずっと地中海沿いに旅をしてきた。
本来の予定ではスペインもこのまま地中海沿いに西へ進むつもりだったが、マドリードに用事ができたので、ここで内陸を探査することに。
イベリア半島の真ん中へ、バスは突っ込んで行く。
a0006008_4102698.jpg

a0006008_410289.jpg

a0006008_4103915.jpg

a0006008_4104125.jpg

a0006008_4104266.jpg

a0006008_4104469.jpg

a0006008_4104740.jpg

このあたりは荒涼としてるなぁ。

そして、着いた。マドリード。
a0006008_4105423.jpg

わー、都会やな。

a0006008_4105659.jpg

スペイン広場。

ん? あそこにいるのはもしや‥‥
a0006008_4105948.jpg

ドン・キホーテさんでは?
やはりな。
こんにちわ。ドン・キホーテさん。
風車に突っかかって行ったりしたって聞いてますよ。
キホーテさんは無言。
風が吹くだけだ。

a0006008_411270.jpg

とにかく都会ですね。

マドリードで一泊して翌朝、僕は用事というのをした。
帰国日の変更である。
大韓航空のオフィスに行って手続きをした。
お金の減りが激しいので早めに帰ることに。

当初は10月5日に帰国する予定だったけど、
9月12日に帰国することにした。

9月11日マドリード離陸、9月12日大阪着陸。ということになった。

さて、それまで、どんなことが起こるだろう。
どんなものが目に映るだろうか?
a0006008_411457.jpg

[PR]
by kazeture | 2012-08-29 03:44 | Comments(2)

バルセロナに着く

8月24日
フランスのアヴィニョンから列車に乗り、ニームという駅で乗り換えて、フィゲラスという駅に着いた。
ここはもうスペインだ。
トルコ、ギリシャ、イタリア、フランスと来て、五ヶ国めに入った。
フィゲラスでまた乗り換えて、列車はバルセロナに着いた。
a0006008_558204.jpg

バルセロナ・サンツ駅。

宿に荷を下ろし、ぶらぶら散歩してると、なにやら奇妙な建物が見えてきた。
a0006008_5582424.jpg

ん? これはもしや‥‥
ガウディの作品では⁈

a0006008_5582832.jpg

やはりガウディの、「カサ・ミラ」という作品であった。
波打ってるぅ!

さらに歩くと、
a0006008_5583294.jpg

おぉー!

a0006008_5584015.jpg

サグラダ・ファミリア聖堂!

a0006008_5585140.jpg

おぉー。

a0006008_559553.jpg

パシャ。

a0006008_5591285.jpg

バルセロナの街を歩きまくった。

と‥‥また‥‥
前方に怪しい建物が‥‥
a0006008_559255.jpg

あっ、またガウディ。
「カサ・バトリョ」というらしい。

a0006008_5593815.jpg

むぉ〜、面白いな。

a0006008_5594434.jpg

a0006008_5595255.jpg


つぎの日、グエル公園へ。
ガウディが設計した公園である。
a0006008_5595616.jpg

a0006008_60023.jpg

a0006008_601322.jpg

市場。

a0006008_602588.jpg

がんばる人。

a0006008_603832.jpg


a0006008_60475.jpg

トカゲが人気。

a0006008_605388.jpg

夜のカサ・バトリョ。

下調べをせずに歩き回って唐突に出くわすガウディ建築は、
なんかとても印象的でした。
[PR]
by kazeture | 2012-08-28 05:45 | Comments(1)

アヴィニョン橋

8月23日、アルルからアヴィニョンへ。
このあたりはプロヴァンスという地域で、ラベンダーが名産なようです。
a0006008_1564784.jpg

ローヌ川のほとりのアヴィニョン。

a0006008_156488.jpg

アヴィニョン橋。
川の半分くらいまでで作るのをやめちゃった。

a0006008_1565061.jpg

街の並木道。

a0006008_156526.jpg

ラペりましょう。

a0006008_1565349.jpg

おいしそ〜。

a0006008_1565593.jpg

おいしそ‥‥。

a0006008_1565839.jpg

買った!

a0006008_15709.jpg

ハーブ祭り。

a0006008_157355.jpg

今日のユースは森の中。

a0006008_157586.jpg

こういう木がいっぱい。

a0006008_157777.jpg

広場のレストラン。

a0006008_157888.jpg

頭がカエルだらけの人。

a0006008_1571095.jpg

朝の景色。

フランスはニース、アルル、アヴィニョンの三泊だけでしたが、印象は良かったです。

バスの運転手さんもバス乗り場の人もインフォメーションセンターのお姉さんもユースのおじさんもそのほかの人も、
会う人はみんなとても親切に接してくれました。

風景も素敵で、また来てみたいなーと思いました。

a0006008_1571239.jpg

アヴィニョンを離れるときに買ったラズベリータルト。
おいしい!
力が湧いてきた。

さぁ、つぎの国、スペインへ。
[PR]
by kazeture | 2012-08-27 15:01 | Comments(0)

のどかなアルル

8月22日、フランスのニースを出てマルセイユを経由し、アルルに着きました。
a0006008_5571871.jpg


アルルはゴッホが滞在した町です。
1788年に滞在してたくさんの絵を描いています。

僕はゴッホが好きで、「夜のカフェテラス」という絵を部屋に飾ってる。

a0006008_5572162.jpg

ローヌ川。

a0006008_5572394.jpg

広場カフェ、のどかな雰囲気。

a0006008_5572534.jpg

まちなみ。

a0006008_5572687.jpg

せんろ。

a0006008_5573185.jpg

自然な感じの川。

a0006008_5573477.jpg

なんかいいなぁ。

ん?
a0006008_5573545.jpg

あっ!

a0006008_5573654.jpg

見えた!

a0006008_5573861.jpg

アルルのはね橋!
ゴッホが描いた橋ですね。

a0006008_5574154.jpg

日本人女性とドイツ人男性のカップルと知り合い、写真を撮ってもらった。

a0006008_5574575.jpg

「夜のカフェテラス」のモデルとなったカフェ。

a0006008_557476.jpg

ゴッホと同じ構図で。

a0006008_5574852.jpg

日暮れ。

a0006008_5575085.jpg

歩け、というサイン。

a0006008_5575261.jpg

教会犬。

アルル、のどかで良かったぁー。
[PR]
by kazeture | 2012-08-27 05:49 | Comments(0)

ニースの闇の中

8月21日、イタリアンアルプスから下りてきて、楽しかったイタリアにさよなら。

a0006008_4145850.jpg

アルプスのふもと。

a0006008_4145984.jpg

あひいい!

a0006008_415047.jpg

あっ。駅名の標識がちがう!
フランスに入った!

a0006008_415288.jpg

ここが‥‥

a0006008_4153100.jpg

フランスかぁ。

a0006008_415413.jpg

フランスの南海岸、コートダジュールです。

a0006008_415571.jpg

モナコや、カンヌを通過。

a0006008_415762.jpg

そしてニースで下車。

a0006008_415824.jpg

ニースの街を歩く。

街には人があふれている。バカンス客でいっぱいだ。

目星をつけてた宿が二軒、満員でだめだったので、

海岸でキャンプすることにした。

a0006008_415934.jpg

広場で、変な人が光ってる。

海岸を歩き、海岸の窪みの暗闇を見つけ、

闇の中にテントを張って眠った。
[PR]
by kazeture | 2012-08-25 03:59 | Comments(0)

マッターホルン直下

8月20日、ベネチアを出てイタリア北西部へ向かう。
ボローニャ、ミラノを通り過ぎ、トリノでバスに乗り換えてシャティリョンでまた乗り換えて
アルプスのふもとに突入し、
a0006008_2103290.jpg

a0006008_2103699.jpg

a0006008_2104143.jpg

スイスとの国境近くのチェルヴィニアという小さな町に着いた。

a0006008_2104510.jpg

チェルヴィニア。

ここはマッターホルン(標高4477m)直下にある町で、標高2005mあります。
涼しい。
みんな、冬服を着ている。

a0006008_2105196.jpg

マッターホルン見えたぁ!

マッターホルンというのは、アルプスの中でいちばん登りにくい山です。

a0006008_2105585.jpg

町を散歩しながら、マッターホルンを鑑賞。

a0006008_2105731.jpg

暮れます‥‥。
僕はテントにもぐりこんだ。

a0006008_211320.jpg

テントで目覚める。
寒い!
長袖シャツ、フリース、かっぱ、と持ってる服を全部着る。

a0006008_21156.jpg

朝のマッターホルン。

a0006008_211759.jpg

アルプスと、チェルヴィニアの家々。

a0006008_2115719.jpg

ハイジはこんなとこを転げ回ってたのかぁ。

a0006008_2111815.jpg

やったぁ!

a0006008_2112041.jpg


a0006008_2115337.jpg

アルプスの雪解け水。
美味しい!

a0006008_211288.jpg


a0006008_211359.jpg


うーん。
むちゃくちゃいいなぁ。
来てよかった!

a0006008_211409.jpg

ばいばい、マッターホルン。
[PR]
by kazeture | 2012-08-23 20:33 | Comments(1)

水のほとり ベネチア

8月18日、ベネチアに着いた。
a0006008_14181569.jpg

おわぁー、運河を舟(ゴンドラ)が行くよ!

これは川じゃない。海!
ヴェネツィアは島で、島の中に運河が張り巡らされてる。
a0006008_14181779.jpg

こんなふうに、網の目のように。

a0006008_14181867.jpg

な、なんで海の中に家が生えてんの?
面白いなぁー。

a0006008_14182034.jpg

運河も、道も、張り巡らされてる。
僕は陸上の道を歩き回る。

a0006008_141822100.jpg

とにかく、なんか‥‥こんなの見たことないし、興味深い。

a0006008_14182345.jpg

a0006008_14182568.jpg

a0006008_14182669.jpg

どどーん。サンマルコ広場。

a0006008_14182772.jpg

サンマルコ広場の向かいには、ジューデッカ島など別の島がある。

a0006008_1418291.jpg

顔?

a0006008_14183077.jpg

きのこピッツァ、うまいッス。

a0006008_14183294.jpg

何をしてるんですか?

a0006008_14183370.jpg

夕暮れが綺麗。

a0006008_14183441.jpg

ベネチアいいね〜。

a0006008_14183650.jpg

ろうそく。

a0006008_1418372.jpg

夜の街。
一日め、暮れる。

二日め。
またひたすら歩き回る。
a0006008_14183925.jpg

この店が好き。

a0006008_14184013.jpg

果物を食べよう。

a0006008_14184292.jpg

右の男性が誘うが、左の女性はノリが悪い。

a0006008_14184350.jpg

足に溜まりがちな血を拡散させる。

a0006008_14184459.jpg

夕暮れ、昨日と同じとこから、行き交う舟を見ていた。

a0006008_14184618.jpg

岸辺。

a0006008_14184878.jpg


ベネチア楽しかったー!

ありがとう。


イタリアの旅も終わりかけ。

今日これからアルプスのふもとに行って、そのあとフランス入りです。
[PR]
by kazeture | 2012-08-20 14:04 | Comments(4)

フィレンツェの街角

8月17日、フィレンツェへ。
a0006008_20172117.jpg

駅前の教会。

a0006008_20172321.jpg

行く途中の列車で読む、「千曲川のスケッチ」。
島崎藤村が信州小諸で過ごした日々を、スケッチふうに綴ってあります。

で、フィレンツェ。
a0006008_20172450.jpg

バナナを買うために乱入。

a0006008_20172662.jpg

ダビデ君に群がる民衆。

a0006008_20172794.jpg

イルカを持った天使。

a0006008_20172914.jpg

ウフィツィ美術館。入ってない。

a0006008_20173239.jpg

ウフィツィ美術館前で、通行人にちょっかいを出すピエロ君。(赤い人)

a0006008_20173917.jpg

どどーん。と、ドゥオーモ。
世界最大の石積み建築だそうな。
どぉーも、と言って通り過ぎる。

a0006008_20174693.jpg

a0006008_20174721.jpg



a0006008_2017406.jpg

アルノ川に沈む夕日。

a0006008_20174973.jpg

路地が絵になる。

a0006008_2017413.jpg

a0006008_20174342.jpg

素敵な街ですねー。

花の都、というらしいですが、そうゆう感じがしました。
[PR]
by kazeture | 2012-08-19 20:00 | Comments(0)

トスカーナに暮らす

トスカーナの小さな村に暮らしてる友達がいて、8月15、16日と、遊びに行って来ました。

日本人女性とイタリア人男性のカップルで、子供が2人います。

a0006008_5185277.jpg

これが、住んでる家の窓からの風景。

a0006008_5185519.jpg

村。丘の上に家が集まってる。

a0006008_5185893.jpg

a0006008_522253.jpg

a0006008_519666.jpg

a0006008_5191245.jpg

オリーブや、果樹が茂る。

a0006008_5191548.jpg

a0006008_5191755.jpg

川のわきの温泉に連れて行ってもらった時の、途中の風景。
温泉はとても気持ちよかった!

a0006008_5192066.jpg

a0006008_5192322.jpg

a0006008_5192566.jpg

村は1000年前からあり、石積みの家が建て込み、入り組んでいる。

a0006008_5192925.jpg

僕が行った日に「交換会」というのがあった。
村の真ん中の広場に村人が集まり、いろんな物を物々交換したり、手作り品を売ったりしてる。

a0006008_5193590.jpg

そこになぜか僕も登場。
ギターを弾いて歌っている。
「風の音を聞いたかい」「まちあわせ」を。

a0006008_5224434.jpg

a0006008_5193961.jpg

2泊3日、とても楽しかったなぁ、
ありがとう!

a0006008_5194416.jpg

かわいいで賞。
ばいばいまたね。
[PR]
by kazeture | 2012-08-19 05:11 | Comments(0)