風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

次の町まで7日

a0006008_1934367.jpg

断食7日め。

ぼくは断食を体験する前までは毎日毎日ごはんを食べ続け、
一日でも欠けたら困ると思いこんでいた。

ところが断食をしてみて「7日間なにも食べなくても大丈夫だ」と知った。

そうすると…
たとえば人里離れた場所を旅してて、歩いて7日行った先に次の町があるとき、水分さえあれば行くことが可能なのだ。と想像したときに心の中に大きな自由が広がった。

ぼくはそれまで旅先やキャンプ地でも毎食毎食何を食べよう、どうしようと追われつづけていたが、幻の強迫観念に追われていたのだ。

7日抜けるのなら、一食、二食抜くくらいはなんということもない。

そうなると行動の幅が広がる。

こういう、旅人感覚で、個人的趣味でぼくは断食をたのしんでいるわけです。





さて今日は「梅湯流し」をした。

梅湯流し…これはブッダもやってたという秘法で、
断食をしてから梅湯流しをするとお腹(消化器官)が非常にスッキリするというもの。


ぼくはブッダがけっこう好きだ。

「ブッダの言葉」という本(岩波文庫)を読み、
「ブッダのやつ…なかなかいいこと言ってるなぁ!」と思い、
ブッダには友達感覚をいだいている。





「梅湯流し」のやり方(断食後期にやります):

1.5〜2リットルの水を沸かし、梅干しを10個くらいほぐし入れて煮て、塩も入れる。

それをどんぶりに入れ、ゆっくりと飲む。

30分くらいすると、排便が起こる。

さらに梅湯飲み→排便を何度かくりかえす。

その合間に生野菜(今日のぼくの場合、味噌を付けたキャベツ)を食べる。

梅湯(どんぶり三杯)をすべて飲み干し、何回か排便すると、おなかがおさまる。

終わったあとは、豆乳生姜紅茶を飲み、ほっこりする。

(キャベツとか紅茶はオプションで、なくてもいいと思う)




30分くらいしたらいつも、ほんとうに排便が起こる。

断食して消化器官になにも入っていないと、口から入ってたったの30分で出てくる。これがとても不思議だ。あまりにも早く、あまりにも直通なので。

腸の中のものが洗いざらい出てきて、うれしい。非常にスッキリした気分になる。

味噌を付けたキャベツ…めちゃくちゃうまかった…! 飛び上がるほど。




断食して食べないというのを経験すると、
食べることそのものがありがたくなるため、
そのあとなにを食べてもうれしたのしありがたおいしくなるので、すこぶる便利だ。

多くのものなしに満足するようになるからね…。

食べてない状態に比べると、食べるってなんておいしいんだ?うれしいんだ?楽しいんだ?うぉぉー!



復食後は何を食べようかな? とニヤニヤ考えるのも楽しいことである。





*断食は面白いですが、向き不向きもあり
一概にはすすめられません。

でも大病をわずらったときや、艱難辛苦にぶち当たったとき、人生の巨大な節目、なにもかもリセットしたいとき、あるいはものすごく便秘な人などにはいいのかもしれません。

ひとつの知恵として、断食や梅湯流しのことを知っておくのはいいことだろうと思い、ここに書いています。

実行される場合は下調べや準備をきちんとして自身の責任で行ってくださいませ!






12月4日ははなちゃん&あいりちゃんの結婚パーティーで愛知(岐阜)入りし、ぼくもお祝いに歌います。


今年はお祝いによく歌いに行くなぁ。

5月よねちゃん(東京)、8月ひとみちゃん(岡山)、12月はなちゃん(名古屋)かぁ。

ライブなどはまったくしてないけど、ライブと祝い歌はまったく違うものだから。
[PR]
by kazeture | 2010-10-31 19:03 | Comments(0)

リハビリ通院 終了!

a0006008_12272362.jpg

10月30日 土曜 くもり(京都府八幡市)



今日で断食6日め。

心身ともに普通な状態。






昨日、リハビリ通院が終了した。


リハビリ自体は今後も自主的に続けて行くが、

病院に通って理学療法士さんのもとでリハビリを続けなくてもいいくらいまで

症状が軽くなったということだ。



2月10日に自転車で転んで左膝蓋骨骨折して以来8ヶ月半通いつづけた…

ながかったなぁ〜


いろんなことがあった。

つらいこと、痛いこと、苦しいこと、情けないこともいろいろあったけど

そのぶん喜びも強かった。

はじめて立てた日、
はじめて歩けた日、
はじめて走れた日、
はじめてかかとがお尻にくっついた日…

こんなことが死ぬほどうれしかった。


いろんな人の支えと、自分の心身の力で
ここまで来れた。


理学療法士さんには毎週2〜3回ずっとお世話になり続け、
たいへんたすけられた。
ほんとにありがたい。




これからは自分で行く…
自主リハビリは続く。


今、左膝に違和感が出てくるのは
・正座をしたとき
・あぐらをかいたとき
・完全にしゃがみこんだとき
・しゃがんで立ち上がろうとするとき
・和式トイレ使用時(まだ使用しにくい)

なので、それらが軽減され、やがては消えていくような方向に持っていこう。
一年くらいで、だいたいそうなれるんじゃないかと思っている。


この前まで出来なかった
・走ること
・ジャンプ
・左足でのケンケン
・坂道で自転車で左足で踏み込むこと

も、今では(おぼつかないながらも)できるようになっている。

毎日毎日ほんのちょっとずつ体は成長している、というのを感じている。





とにかく…なんにせよ…

足がよくなってきて、よかった〜。


ささえてくださったみなさん、

ありがとうございます!


これからもよろしく〜。
[PR]
by kazeture | 2010-10-30 12:27 | Comments(0)

今日の出来事

a0006008_2092921.jpg

今日、

「捨てる神あれば拾う神あり」やな~

と思わせる

出来事が起こった。




このまま行けばいい

らしい。
[PR]
by kazeture | 2010-10-29 20:09 | Comments(0)

a0006008_19584690.jpg

うわわーわわわ



(さっきの空)
[PR]
by kazeture | 2010-10-29 19:58 | Comments(0)

断食 4日め

a0006008_1234085.jpg

また断食してて、今日で4日めになる。
(水と野菜ジュースだけ飲んでる)


これまで
2007年の11月に7日間
2010年の5月に7日間
断食してて、
今回で三度めになる。


なんとなく始まった。
深い意味はない。

けど、まぁ、
リハビリ通院がもうすぐ終わる、という区切りの時期であることと無関係ではないと思う。

「何か、したくなった」
というのが正確なところか…。



で、断食をしていると、
「あ、食べなくてもよかったんや!」
ということに気づく。


「食べなくてもよい」と思うことは、ぼくの中で
自由な感覚と
安心感に
つながる。

大きな自由と安心感。


また、食べ物の大切さも痛感、再確認するし、
要るものと要らないものについての
考察もすすむ。


そんな感じ。



木枯らしが吹いて、冬みたいに寒くなってる。

あったかいハーブティーでも飲もうかな。
[PR]
by kazeture | 2010-10-28 12:34 | Comments(0)

スジの短い男

a0006008_13173890.jpg

ぼくはスジの短い男だ。

左足の膝まわりのスジが。




8ヶ月間正座していないと、正座するときに伸びるべきスジが短くなってしまってて、伸びない。

使わないと退化し、短くなってしまう。

それで「スジの短い男」になってる。



で、これからスジを伸ばしていく必要があるのだが、

ある程度時間がかかっても仕方ない。

(完全な正座ができるようになるには、あとしばらくかかりそう。
でも毎日ほんの少しずつ進歩している)





正座してないと、スジは短くなる。

立っていないと、筋肉は衰える。

からだとは、そういうものらしい。



そのまま、あたりまえと思ってた状態も

立ったり歩いたり正座したり、伸ばしたり縮めたりという日々の運動のなかでこそ

保たれている。




「あたりまえの運動ができる」という

奇跡的な均衡のもとに

保たれている!



気づいてなかったけど。





電車でつり革を持って立ってる人。

座れなかったのでぶつくさ言ってるかもしれない。

でも、その立つということをしてるだけで筋肉を保つ運動になっている。

立てなくなると衰え、退化し、消えていってしまう。


立ってる人は、それを知らない…。





ぼくは

アナザーサイドを知った。




この世には感謝すべきことで満ちあふれてる。





消えてしまうと、その大切さが響いてくる。





あたりまえだと思い込み、以前は感謝などまったくしてなかった

奇跡的な均衡、バランスのことを知れてよかった。
[PR]
by kazeture | 2010-10-24 13:17 | Comments(0)

おーぃ

a0006008_1893392.jpg

空を舞う って


どんな気分?
[PR]
by kazeture | 2010-10-17 18:09 | Comments(0)

空の絵、地上の絵

a0006008_22371521.jpg

急にピンクに光ってる!?



空のやつ…

大胆な筆さばきを見せているな。




よーし、

ぼくも思いきった筆さばきで

目の前の白い地図の上に軌跡を描こう。
[PR]
by kazeture | 2010-10-12 22:37 | Comments(0)

犬とともに去りぬ

a0006008_1724520.jpg

おじさんは

犬とともに去りぬ



白い犬

影の僕


空はやたらと青い
[PR]
by kazeture | 2010-10-10 17:02 | Comments(0)

はしれた?!

a0006008_13145127.jpg

さきほど

リハビリで病院に行ってて

リハビリ先生に

「では、走ってみてください」

と言われた。


(今まで、まだ走れてない)




外に出て

走ろうとしてみる。




すると

ヨタ…ヨタと だが、

はしれてる??!




自分が、「走ってる」と認識してる範囲に入ってる気がする。




「あ…は…はしれてますか?」



「はい! はしれてますよ。まだ、傾いてぎこちないですけど」





うぉぉわぁ!

やったー!




横断歩道で信号ピコピコしても走れず、

不甲斐ない思いをいだいてきました…。




グッバイ

不甲斐ない日々よ!





はしれる

って、

なんていいんだー!?





その瞬間は、突然やってくるな。


ついこの前まではできなかった。



ようやく、

左足だけである程度体重を支える力が復活したんだな。





よっしゃー

この調子!




はしるのだー

はしるのだー

俺ははしるのだー
[PR]
by kazeture | 2010-10-08 13:14 | Comments(0)