風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture


<   2010年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

空から

a0006008_14422017.jpg


なにかが舞い降りようとしている




(広島 仙酔島)
[PR]
by kazeture | 2010-01-31 14:42 | Comments(0)

友達の家の庭の歯磨き所

a0006008_1274268.jpg


水が凍っていた
[PR]
by kazeture | 2010-01-30 01:27 | Comments(0)

2010

a0006008_053727.jpg

ネット上のどこかにあって、コピーして保存してた、2010年を占う文章。(出展、すでに不明)




……………



2010年は激動の年、と出ています。

世界規模で淘汰が起こり、浮き沈み・明暗がはっきりと分かれる年になるでしょう。

国内としては、経済格差が広がる傾向にあります。

運が分かれやすいということは、失敗する人だけでなく、成功する人もいるということです。

2009年は、“出る杭は打たれる”という年でしたが、2010年はチャンスが多い年。

大きな成功を手にするチャンスもありますよ。

2010年は、自分の“個性を出す”というのがキーワード。

自分らしさで、チャンスをものにすれば成功しやすいです。

工夫するのもいいですね。

頑張ってください!


2010年は激動で、成功者と失敗者に分かれる。

成功につなげるなら、自分の個性を売りにすべき!という所でしょうか?




………………


なんか、これ、「なるほどなー」と思う。

去年の感じ、今年の感じ、なんか…納得。

去年は出る杭は打たれたけど、今年は自分の個性を売りに、前に出て大丈夫。


ようするに、思いっきり行って大丈夫ってことだ。



なるほど。

わかった。
[PR]
by kazeture | 2010-01-29 00:05 | Comments(2)

ある瞬間、空で

a0006008_14331164.jpg


雲が虹色に光ったんで、

ぼくは歩こうと思った。
[PR]
by kazeture | 2010-01-28 14:33 | Comments(0)

よるふね

a0006008_234901.jpg


きみが運んでくれなかったら、

ぼくは死んでいた。
[PR]
by kazeture | 2010-01-27 23:49 | Comments(0)

とりい

a0006008_1284596.jpg


さかいめのところにたっている
[PR]
by kazeture | 2010-01-27 12:08 | Comments(1)

ゆーひ

a0006008_14271966.jpg


おおきく ゆらゆら しずんでいった
[PR]
by kazeture | 2010-01-26 14:27 | Comments(0)

てくふね

a0006008_1381582.jpg


て く て く と う み を あ る く
[PR]
by kazeture | 2010-01-25 13:08 | Comments(2)

サヤムポン 北へ

a0006008_21575040.jpg

サヤムポンって名乗ってみましたー。



ぼく(サヤムポン)の友に妖精がひとりいる。

それがマラゴンだ。



今日は妖精マラゴンのみちびきにより、

京都の「コトミナ」と「唯心ギャラリー」で

友達や、あたらしく知り合った友達に会うことができた。


マラゴン、ありがと〜!




ゆうちゃんのやってる京都駅前のスペース「コトミナ」では今日、

「コトミナ市」が開かれていた!


手作り本屋さんとか
てんねんこーぼパン屋さんとか
インドの布・服やさんとか
ゆうちゃんの手づくり品&コーヒー屋さん
などなどが出店して
市を開いてたよ〜

コトミナの活動をひそかに勝手に見守ってるのですが、
おもしろそうな感じに発展してきてるなぁと思う。

今日知り合ったひとたち、
ゆうちゃん、
たのしかったよ
ありがと〜!




そのあと
三条神宮道上ル東側にある
「唯心ギャラリー」へ。
ここでぼくの友達の絵描きさんたちがポストカード展をやっていた。

きさちゃん、いけのさん、あきらさん、ありちゃん、おおまえさん(今日知り合った)がポストカードを展示されてました!

きさちゃんとは一緒に語り&音楽ライブなどもしたことがあるのだが、
会うのは三年ぶりくらいか。

しばし歓談して旧交をあたためましたッス。

みんな元気に絵描き活動をされてるようで
よかった。


出版業界も不況ということで、いまイラストレーター業をスタートさせるきさちゃんたちはなんだか大変なよう。


ぼくはどうなんだろう。


不況とか、悪状況、ピンチ、危機、絶体絶命、修羅場などのときに、

なにかぼくの「働き口」的なものがあるような気がしてる(そこはかとなく)。

いま、もうその時期ははじまってるようなんですが。

まったく、異様なまでに平穏にただ存在する。というやり方かもしれない。

くずれゆく瓦礫のすぐとなりでぼくがのんきにお茶をいれて「お茶でもどうッスか?」って言ってきたらどんな気がしますかね?

気がぬけるかもね。

気、ぬいてくれていいよ。

そこになにかべつのあたらしいものが入るから…




と、ゆーわけで

サヤムポン北へゆく、の巻
でした。

北 イコール 京都市内 ッス。
[PR]
by kazeture | 2010-01-24 21:57 | Comments(1)

ぽわ〜ん

a0006008_23524932.jpg

今日の空気は冷たく、水気を含んでる。

気持ちいい。

ぽよぽよ、ぽわ〜ん。



昨日は大阪の淀屋橋に引っ越した「天心快」の相神一太(あいかみかずた)くんの操法を受けに行った。

かずたくんは野口晴哉(はるちか)氏が創始した野口整体の流れを汲む
独自の施術をする人で
彼の持つ能力をぼくは大変リスペクトしている。

かずたくんにはここ四、五年くらいぼくの体をみてもらっている。
(前回は夏にインド帰りで行った)


さて、かずたくんはぼくのからだに手をあてた。

彼の手は体と心と魂に同時にあてられている。

手をあて、そして言った。

「落ち着いてるなぁ…!

ゆったりして…澄みきってる」

「え? そう?」

「うん。よくここまで到達したなぁ。

今までにこんなこと、なかったよ。

今まではもっと渦巻いてる感じで…

なにがしたいとか、あっちに行きたいとか…」

「そうやねん。

最近、年末以降、ぽわーんとして、

なんにもなくなった」

「うん。そうやろねぇ。

あせりがまったくないねぇ」

「うたをうたいたいとかもないし」

「うん。うたって、表現して、だれかほかのひとの共感を得たいとか、賞賛されたいとかいう欲がなくなってるねぇ」

「そう! そうやねん!

そういうの、なくなったわ。

(よくそんなことが手をあてただけでわかるなぁ)」

「いいねぇ。

ここまでずっと旅してきた、たまものやねぇ」

「てへ…。

今、なにがしたいとか、なんにも…

計画もなにもないねんけどな」

「うん。今のその状態のまま、起こってくる流れに乗っていればいい感じになるやろねぇ」

「ふぃ〜ん」

「いや、気持ちいい体やねぇ。

次元あがったね!」

「!」




よかった よかった。




のんきに

ぽよぽよぽわ〜んとして

なんにもなく…

それでいい。




思い返すと、去年はさすらってたが、

あれはあれで懸命に生きた。

それでここにたどり着いた。

そこには人の助けも不可欠だった。

ブレイクスルーの後押しをしてくれた。


リョヲ、かずたくん

母、父

きーちゃん、じゃすみん

さおちゃん、ちづちゃん

など(ほかにもいっぱいの人たち)の後押し、応援があって

はじめて行けた。


ありがとう!




今はなんにもなく

ぽよぽよぽわ〜んと

ただ、いる。



ただ、いるけど、

なんとなく たのしく、

わけもなく 笑みこぼれ、

ただいるだけでまわりのひとも落ち着いてきたりしたらいいなと思い、

べつに目立つことはせず、

自分の時間を完璧に快適に、やりたいようにすごし、

そのなかで執筆活動したりしてぼくのかけらを世間に流しだし、

それ以外は山岳地帯や南の島の浜辺や北の原野や異国のバザールなどをあてどなくほっつき歩いてたい。それが大好きなのだから。

完璧に自分のやりたいようにして自己犠牲はなく、

満足して笑って過ごす。



友達は少なく、7人くらいでいい。心の友は。

今日、綾部からてっちゃんがやってきた。

昨日のかずたくんといい、今日のてっちゃんといい、西表に戻ってきたシュンくんといい、

親友にはほっといても会えるようにできてる。



メンバーは、もういるのだ。

風雲急を告げ、急に動くこともあろう。

そのときはほんとうに信頼するやつらとともに働く。

それだけだ。

コトにあたるときは疾風怒濤、

誰もがどこにでも駆けつける。

それ以外の日々は

慌てず騒がず、

自分で静かに快適に過ごしている。

それで行こう。




とにかく…

ぽわ〜ん。

ピースフルな日々がつづいてます。
[PR]
by kazeture | 2010-01-23 23:52 | Comments(0)