風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


<   2009年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

おわった

a0006008_23161193.jpg

a0006008_23161177.jpg

a0006008_23161122.jpg

写真:
朝の通勤の道
葉っぱ
ぼくが働いてた場所(だんご屋裏のラムネ売り場)





おわった


だんご屋の仕事


さっきおわった


最後はもうへとへとだった


今日はもみじまつり最終日でもみじのライトアップも最終なので人々が大挙して押し寄せた




あぁ…


しんどかった


おわってよかった


無事に(超へろへろだけど)


いきてるよ。






だけどやっぱり、しんどい場所だからこそ

こころがかよいあうということがあるね。


去年は泊まり込み旅人仲間とこころがかよいあったけど
今年はそういう仲間が少ないぶん、
パートの主婦やおばちゃんや、台ふきバイトの人たちや、ゴミ整理係のおっちゃんや、
なんかそういう人たちと会話して助け合って仕事したりして
こころがかよいあってると感じた。

地元の、こころがあったかいひとたち。


今日や昨日、そういうひとたちと別れる最後のとき、もう会えるかわからない、たぶんめったなことではもう会えないかもしれないひとたちなんだけど

「またご縁があったらどこかでお会いしましょう」
とか
「またどこかで会えたらいいね」
とか
そのひとたちが言ってくれた。

目を見て、にっこりと笑って。


別れる、最後の瞬間におばちゃんやおっちゃんやおにいさんがそういうふうに言ってくれて、そのときぼくも同じ気持ちだったし

こころがかよいあってるということを知り、そのときにはもう別れて、誰も連絡先も知らず、もう会えるかわからない。

でもそれでよかった。


どこにでも友達はいる、友達はできる、仲間が生きている。

もう会わなくても生きてるって知ってる。

ありがとう。

会えてうれしかったよ。






そんなわけで…

とにもかくにも

だんご屋おわった、

任務終了しました。
[PR]
by kazeture | 2009-11-30 23:16 | Comments(0)

火を焚く

a0006008_2315338.jpg

a0006008_2315323.jpg

a0006008_231539.jpg

写真
1:ラムネ売り場
2:カマド
3:火




火を焚いている。

だんご屋の裏のラムネ売り場にはカマドがあり、

ラムネ売り係はつねに火の番もしている。

カマドに薪をくべて釜の中の水を沸かしてお茶をつくりつづけているのだ。

お茶をやかんにいれて、お客さんが自由に飲めるように保っている。

火が燃え、水が沸騰してごぼごぼ言い、湯気がもうもうと立つ。ホースで水をつぎたす。薪をくべる。

火と水があいまみえる場所に立っている。

火と水のまつり。


を、つかさどりながら、ラムネだのペットボトルだのワンカップだのビールだのを売っている…。




火の番をするのは好きだ。

火を焚いたりあかりを灯したりなにもないところに火をつけたりだれかの心の中に火を見たりするのは「ぼくのすることだ」という気がする。

なぜかは知らないけど。




この、忙しいもみじまつりのだんご屋のいろんな仕事の中で
カマドの前にすわって薪をくべたり火の調節をしたりしてるときだけは
非常にゆ〜っくりと時間が流れる気がする。

なんでなんだろう。

火というものの前にすわるとき、人は太古の悠久の流れを取り戻すのか。




とにかくカマドや囲炉裏や薪ストーブや暖炉や焚き火など、
実際に直の火に、ほんとうの火に触れることはとてもたいせつなことのように思える。





さて…だんご屋の仕事も明日一日を残すのみとなった。

あさってにはもうここ足助を出て名古屋へ向かう。


なんとも不思議な気分だ。

山と川と紅葉のはざまの山里で小屋に住んで二週間だけ働いて猛烈にだんご屋の中をうごきまわり、たくさんのたくさんの人に会う。
毎日ものすごくたくさんの人に会う。
ラムネを買う人やペットボトルを買う人やビールを買う人やだんごを買う人やこんにゃく田楽を買う人に会いまくる。
主に東海地方の人たち。
東海の人たちと二週間だけ交流しまくり、終わるやいなやフッと消える…
不思議なことだ。

こんなに何百人もと一日のうちに会い、目を合わせ、言葉を交わすなんて…。

東海地方のすべての人に会った!と思えるくらいの人間の量だ。

これはぼくにとっては非常に不思議な体験だが、これもまたなにかになるのかもしれない。





あさってから12月か〜。

12月は名古屋、東京、関西に行ってうたうよ。

みなさん あいましょう!!





名古屋東京関西ツアー予定表:



12/02(水)名古屋亀島「はなかめ庵」でうたう
19時頃〜 2000円



12/05(土)東京品川旗の台「きーしゃ」でうたう
15時頃〜 2000円



12/11(金)12(土)東京杉並本應寺「あわのほしまつり」でうたう



12/13(日)東京でのイベント「スピカ」でうたう



12/17(木)神戸「モダナークファームカフェ」でうたう
19時頃〜 1500円



12/18(金)大阪吹田「モモの家」でうたう
19時頃〜 2000円
キャンドルライブ「あかりをともしに」withスズキヨウ(朗読)、openingふさこ(ピアノ)



12/19(土)京都駅前「コトミナ」でうたう
14時頃〜 2000円(お茶つき)





このあとはまったく未定、白紙であります…


みなさん どこかの街で あいましょう。
[PR]
by kazeture | 2009-11-29 23:15 | Comments(0)

ありがとう

a0006008_2354644.jpg

今日ぼくは誕生日をむかえましたが

たくさんの方々から

メールやメッセージやコメントや電話をいただきました

どうもありがとうございます!




それからだんご屋で働きながら

いろんな人から祝福されました


友達やパートの人や職員の人やあたらしくできた友達も祝ってくれました


すーちゃんは「香嵐渓名物・ごまだんご」を買いに走って渡してくれた




いろんな人たち…

ありがとう

うれしかった




どんな年になるかな

2009年のことしかまだめどがついていないけど

なんかたのしくなったらいいな





みなさんありがとう

これからもよろしくね
[PR]
by kazeture | 2009-11-27 23:54 | Comments(0)

1127

a0006008_1135053.jpg

ぼくが売ってるくさもちに1127の文字



1127

うまれた日



清火生誕祝賀祭的だんご屋労働にいそしんでいまーす



おめでと〜

ありがと〜
[PR]
by kazeture | 2009-11-27 11:35 | Comments(0)

ひとやすみ

a0006008_20454689.jpg

a0006008_20454673.jpg

a0006008_20454669.jpg

みなさん ハロー げんきですか?



ぼくはいま愛知・香嵐渓(こうらんけい)・足助屋敷(あすけやしき)・だんご屋で住み込みで働いてますが

怒涛の9連チャン労働をやりすごし

今日、お休みの日をすごしました。



晴れた秋の一日、

ホテホテ、の〜んびりとすごしました。



散歩したり、カフェ行ったり、紅葉や町並みの写真を撮ったり、仲間たちが働いてるのを眺めたり、好きなもの食べたり、洗濯したり、ゆっくり風呂に入ったり…して、いまもうはやばやと就寝準備。



あぁ〜!よかった。

やすめて。

やっぱり「休み」はたいせつですな〜、あたりまえですけど。






しのぶちゃんとカフェに行った。

しのぶちゃんは去年の住み込み仲間だが、今年の春から足助屋敷の職員になった。今回ぼくを呼んだ人。


待ち合わせてるとき、しのぶちゃんが「5分おくれる」というので近くの山を探検したら巨大なイチョウに出くわした。大イチョウに会うとうれしい。うれしくて一緒に記念撮影した。(写真1)




カフェでいろいろ話す。

しのぶちゃんはひとりでテントかついで高い3000メートル級の山を縦走するというタフな人。ぼくもひとりでそういうことをするし、話してて面白い。

また彼女はネパールヒマラヤで5500メートルまで行ったという!


「たまに、一年に一度は過酷なことをしたくなる」という。

その気持ちはわかる。


過酷なつらい苦しい場所を通り抜けた人のやさしさやうつくしさを見るのがぼくはとても好きだ。





しのぶちゃんと別れ、ひとりで足助(あすけ)の町並みをぷらぷらする。

足助の古い町並みはなんか面白い。のどかだ。真ん中をきれいな川が流れてその水辺を歩けるのもいい。

橋の上から影と川を撮る。(写真2)




足助屋敷(職場)のほうに行く。

栗の木茶屋でお焼きを買う。くるみみそ味。お焼きって美味いな。安曇野から取り寄せてるらしい。




薫楓亭(くんぷうてい)のそばでみのりちゃんに会う。

みのりちゃんもお焼きが好きで三日間お焼きしか食べなかったことがあるという。

みのりちゃんはとてもよく瞳が光っている。


みのりちゃんも12月2日名古屋ライブに来てくれそう。

みのりちゃん、ゆうくん、ひろくん、しのぶちゃん、みかちゃん、なりくんなどが来てくれそうで、うれしい。





だんご屋にしのび寄る。すーちゃんに見つかる。

だんごを一本買う。うまい!




ごへい餅屋にしのび寄る。ヒグマンに見つかる。

ヒグマンの仕事は今日まで。連絡先を聞き、おつかれさま!と挨拶して握手した。

ヒグマンは北海道にもどる。なにやら幸せな出会いがあった模様。さちあれ!




刀削麺(とうしょうめん)屋にしのび寄る。ゆうくんとひろくんに見つかる。

ゆうくんは去年の泊まり込み仲間。ひろくんは今年知り合った。ひろくんも旅人で、とてもいい感じのピースフルな風の吹いてる人。知り合えてよかった。

刀削麺を食べる。独特のコシのある食感が好きだ。





うろうろしてると西陽がさしてきて、紅葉の林がきれいに照らしだされた。

写真3。




ぼくの寝泊まりしてる小屋は東海自然歩道沿いにあることを発見し、ちょっと歩いてみた。

でも日が陰ったのでやめた。

東海自然歩道は東京の高尾山から大阪の箕面までつづくあるくみち。

あるくみちには興味がある。

どこまでもあるいていきたい。






さぁ、あと4日働いたら終わり。

ひょうひょうとゆうゆうと、のりきりましょう。
[PR]
by kazeture | 2009-11-26 20:45 | Comments(0)

小屋に暮らす

a0006008_2319995.jpg

小屋に暮らしている。

写真のこの小屋に。

こうして見ると、えらく風流な小屋だ。

屋根は苔むし、庭にはもみじ、すぐそばを川が流れ川音が聞こえる。

これ以上ないってくらいに風流だ。



この小屋は和風バンガローである。(夏場は客を泊めてる)

この小屋にヒグマンと二人で暮らしている。

ヒグマンは北海道から来たヒグマの研究家で、北海道大雪山のヒグマの分布にはたいへん詳しい。歩き方がヒグマに似ている。去年からの泊まり込み仲間。

ヒグマンはここでは五平もち焼き屋で働いている。ぼくがだんご屋で働いているように。



ヒグマンとふたりで小屋に暮らしている。

朝は早く、夜もバタンキューで寝る。



この小屋は、考えてみれば、とてもいい。

平屋で畳で囲炉裏がある。

ぼくはこんなところに住みたいと言ってなかったか…?

もうかなってしまった。こんなところで。

二週間だけの体験ではあるけれど…。




…………


昨日は人出がピークだった。

ものすごい数の人がラムネを買いにきた。
ビールを飲みにきた。
ワンカップを欲しがった。
ノンアルコールビールを要求した。
アクエリアスをくれと言った。
コーラが欲しいんだけどとつぶやいた。
そうけんび茶と緑茶を見比べた。
わらびもちが欲しいと言った。
くさもちを求めた。
ふかしじゃがいもに手を伸ばした。
ふかしさつまいもを見つめた。
栗おこわを夢想した。
こんにゃく田楽に胸おどらせた。
みたらしだんごによだれをたらした。



ぼくは押し寄せるそれらの人々の欲求を満たすべく、次々とさばいていった。



このような状況になってくると殺気立ってきたりピリピリしたりあたふたしたりテンパったり間違ったりパニックになったりする人もいるし、実際にスタッフの中にはそうなってる人もいるが、

ぼくは悠々と作業していた。

素早く動いているのだが、雰囲気は至って悠々としている。



そうしていると

この場(だんご屋)を仕切っているすーちゃんに

「岡さんってはんなりしとるねぇ〜っ」

と言われた。

「え?はんなり?してます?」

「うん…落ち着いてるっていうか…」



すーちゃんはだんご一筋何十年というおばちゃんで、なにもかもを知っている。厳しくてやさしく、リーダーシップがあり、かつオカンの中のオカンであり、ぼくはリスペクトしている。

すーちゃんの人を見る目にもたしかなものがあるのを去年から感じていた。

そのすーちゃんが言うからには、
ぼくははんなりしてるんだろう。





そうだ。


はんなり行くぞ。



どんな修羅場になっても、どれだけ切羽詰まっても、

落ち着きのひとかけらは残しておきたい。



はんなり、ほのぼの、ゆうゆうと

歩いて行こう…。
[PR]
by kazeture | 2009-11-24 23:19 | Comments(0)

ラムネ売り

a0006008_22442845.jpg

a0006008_22442817.jpg

a0006008_2244283.jpg

写真:
いちょうの葉と陽(ひ)
朝6時半、出勤時の風景
香嵐渓・足助屋敷の人混み(右奥がだんご屋)





人出ピークの三連休のうちの二日が終わった。



昨日、一日目終了時点では「まだ二日もある」と思ってたが、

今日二日目が終わると「あと一日しかない」と思える。




ぼくは今年はだんご屋の中でもラムネ売り場にいることが多い。

だんご焼きをおばちゃんやバイト連中で固めてるから、なんとなくそうなってる。



明日は、ともすれば人出が最大ピークを迎えるかもしれない。

ラムネ売り場に立つぼくに向かって何万人という人々が押し寄せるのかもしれない。




ラムネちょうだい!

そうけんび茶ください!

コーラ一本!

生ビールいっちょう!

トイレどこ?

あつかんひとつ!

カフェオレくださいな!

お茶がからだよ!(お茶係もしてる)

クー・アップルください!

このお皿どうすんの?

つり橋ってどこ?

わらびもちちょうだい!

ごへいもちってどうゆう意味?

かんビールいくら?

アクエリアスください!

…といった声が四方八方からぼくに乱れ飛んでくるだろう。



ぼくのいる場所はそういう場所だ。



いいぞ。

くるならこい。

何万人でもきやがれ。



ぼくは耳を澄まし、四方八方のすべての声が発せられる瞬間をとらえ、声が発せられた順番どおりに千手観音のように驚異的な速度で動き、返答し、反応し、すべての注文にこたえてやろうではないか。

眉の根ひとつうごかさず、ほほえみすら浮かべ、全員の注文にすらすら答えつづけてやろう。




こんなラムネ売りくらいでへこたれてたまるか、

おれは虹の戦士だ!(なんか関係あんの?)





…さて明日の今頃にはどうなってるかな?
[PR]
by kazeture | 2009-11-22 22:44 | Comments(0)

ピーク

a0006008_230459.jpg

a0006008_2304593.jpg

右上から青い光がさしている

なんで青いの?




明日からの三連休が紅葉のピーク

香嵐渓(こうらんけい)にお客さんが押し寄せるピーク

何万人くるんだろう

明日は朝7時に持ち場につくよ

ってことでもうねます

おやすみー
[PR]
by kazeture | 2009-11-20 23:00 | Comments(0)

うたうのさ

a0006008_7513425.jpg

いま、愛知香嵐渓のもみじまつりのだんご屋でコマネズミのように働きまくってるが、なんか違和感がある。

忙しく働きまくり、売りまくり、こき使われ…そういうことになじめない。

(こう書くと、なじめなくて当たり前か、とも思えてくるけど…)


自分ひとりが浮いてるような気がする。

自分だけが別の生き物のような気がする。

客観的に誰かが見たら自分だけが半透明な妖精か宇宙人みたいに見えてしまうのでは、とおそれている。


そう、でも、去年はそんな仲間がいっぱいいた。

なじめなくてはみだして旅ばっかしてるような連中。

みんな似てた。

しゅんくんもあいちゃんもたいちゃんもかずくんもぴんちゃんもみゆちゃんもひろくんもこうたくんもじゅんくんもなつくんもゆうくんもしゅうへいくんもあゆむくんもしのぶちゃんもみのりちゃんもまみちゃんもみかちゃんもみんなぼくとどこか似てた。

そんな連中がそこここにいたから励みになってがんばれたのだ。

今年は彼らがほとんどいない。

だからがんばれない…けどそれでいいや。

がんばらないままにゆく。

ぼくはぼくのまま…


ぼくはなにがなにかわからないよ、

この世界でなにをどうしたらいいかわからない、

(この世界のままではね)

うまくできないしどうしていいかわからない

でも、だから、うたうんだよ。

だからうたう…うたはどっかへいく。(かもしれない)

うたはなにかをつなぐ。つれてゆく。(かもしれない)

うたはわけのわからない場所をとおる。(かもしれない)

うたうのさ…



12月2日満月夜は名古屋はなかめ庵でうたうよ

はなかめ庵http://www17.ocn.ne.jp/~hitohana/index.html

開場18:00 開演19:00〜20:30

1,500円



名古屋近郊のみなさん

来てね

あいましょう
[PR]
by kazeture | 2009-11-19 07:51 | Comments(0)

ヘロヘロ

a0006008_22204349.jpg

朝8時から夜10時までだんご屋やってます

ヘロヘロやなもぅ…

でももう13ぶんの2が終わった

あと11日勤務、なんとかもちこたえよう

(いきてかえろ…。)
[PR]
by kazeture | 2009-11-18 22:20 | Comments(0)