風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture


<   2009年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

週末は品川へ!

ぼくが「東京てづくり三羽がらす」と呼んでいる三人のてづくり職人がいる。

それがちづ・ふみ・さおりの三人である。



ちづ氏は草木染め職人。

5本ユビ靴下や小さな袋や小物などを染めたり、財布をてづくりしている。その作品すべてにちづ氏独特の穏やかな波動が響き渡り、ファンの心をわしづかみにしている。清火も靴下、袋、ふんどしを愛用中。

ちづブログ:http://tinysheep.jugem.jp/



ふみ氏は陶芸職人。

うつわや植木鉢のようなものを作り、そこに多肉植物などを植え込んだものをつくる。小さな鉢に秘められた大きな世界。ふみ氏は陶芸のほかにも絵、音楽、役者活動などいろいろやっている多才な人。

ふみホームページ:http://www.k5.dion.ne.jp/~yuzurika/

ふみブログ:http://blogs.dion.ne.jp/ootanuki/(よく見ると所々に清火が。)



さおり氏は粘土職人。

粘土と指先で自分の頭の中のワールドを現実世界におろす魔術師。その世界は精霊たちやナゾの生き物、不思議なストーリーに満ちてたいへんに魅惑的。秋だからキノコもいるのかも?

さおりブログ:http://emcopain.jugem.jp/




そんな三人がこぞって今週末、品川の地に結集する!

3日と4日、品川で「しながわアーティスト展」というイベントが開催され、三羽がらすも出店するのだ。

(ほかにも面白そうな人が出店するのかも。)

これは是が非でも行かねば!

品川に走れ!




三羽がらすの魅惑の世界に出会ってみたい方は

品川に足を運んでみてください。




*詳細はちづちゃん、さおりちゃんのブログを参照してね~

 

*ぼくは3日に行く予定。4日は未定。



 よろしく!
[PR]
by kazeture | 2009-09-30 21:53 | Comments(0)

さやか & ぷ〜

a0006008_22304666.jpg

毎日いろんな街を歩いていろんな人たちに会う。

いろんな人たちと、一瞬のパーティーを組んで一緒に歩いて何かを分かち合い、また別れる。


川越ではちづちゃんとひろきさんとぼくの三人で古い町並みをのんびりと歩いたときが印象的だった。

ちづちゃんとひろきさんはどちらも特別話がわかる感じがする。そのふたりとぼくとで歩いたらゆったりした気持ちになった。特別に話がわかる人たちとは、ほとんど何も話さなくてよい。ただポクポクと歩いていけばいいのだ。
誰も、なにも心配してない感じだった。
このうじゃうじゃ人がいる地球の片隅で彼らに会えてよかった。

川越に友達が多いというのも面白いことだ。
なんで川越…?

えんぱち君に導かれて行ってなにも考えずに歩いてるだけで、ひろきさん、ちづちゃん、きょうちゃん、くみりん、まりこさん、タカハシさん、ひよこさん、アヤコさん、きよ君、よねちゃんに会えたのだ。



その次の日には渋谷の「ぐらするーつ」に行き、カエル袋をひとつ買った。ぐらするーつにはフェアトレードの雑貨や体にいい石鹸やヘンプのもの、服、楽器、本、情報などが所狭しと置いてあって、なにかと役に立つ。


夜、渋谷の街でふみちゃん、がくちゃん、まるちゃんと落ち合い、映画館に行った。

友達のピンキーふらみんごさんが自分で撮った映画「蓮の花」が上映される日だったのだ。その日その時、一回かぎりの上映。

去年みんなで石垣島に行き、「宇宙温泉」というイベントを開催した。
ゆうこ、れおん、宇宙まん、まる、アルバート、クロちゃん、よねちゃん、リョヲ、ぜんや、みどりなどなど、ものすごいメンバーが日本中から集まってたのだが、そこにひょっこりピンキーふらみんごさんがやってきた。ピンキーふらみんごさんは映画を撮っていて、全身がピンク色だ。

ピンキーさんはゆうこと宇宙まんに会うためにわざわざ関東から飛んできて、ゆうこと宇宙まんを撮影し、不思議なピンク色の印象を残して去って行った。

さて、映画館でまる・さやか・ふみ・がくというふうに並んで映画を見ていると、途中でほんのわずかな瞬間だが、宇宙温泉のシーン(ろうそくの炎)が映り、まるちゃんが歌ってる声が聞こえた。美しい魅惑の声が。

ぼくはたしかに過去に石垣島のある一室でその声を聞いた。それが今、時と空間を超えて東京渋谷の一室でまるちゃんと並んでその声を聞いている。
巡り合わせとは不思議なものだけど、それは特に不思議感があった。

ピンキーさんはこの日もやはり全身ピンクだった。

映画の中で、「過去の自分をいったん全部殺した」という言葉があり、ピンときた。ぼくもいま過去とは切り離されて浮かんでいる。この前の旅で過去の自分をいったん全部殺したのかも、と思った。

映画の最後には全身ピンクのピンキーさんが踊り歌う。ピンキーさんがつくった歌だ。その歌詞は

「どしゃぶりの日にひとりぼっちでいても
わたしのことを思い出してね」
というようなもの。

たしかに頭の先から爪先まで全身ピンクの人、というのは想像するだけですこし可笑しい。クスッとなる。
そんなわたしのことを思い出して可笑しくなって元気を出してねと、彼女は歌っている。

どこかでしょんぼりしてるかもしれない誰かのために
命がけで、真剣に、全身ピンクなのだ。
すごい人だ…。

ピンキーさんに挨拶し、女優の卵のふみちゃんを紹介した。ふみちゃんとピンキーさんは顔が似てた。

そんなこんなでその日の夜は渋谷の雑踏をまる・ふみ・がくと歩き、不思議なピンク色の余韻に包まれていた。



つぎの日は高尾に行った。みんなも覚えてるだろう。ぼくが「全員で高尾山に行こう!」と呼びかけたことを。全員というのは、当然きみも入ってるんだぜ。

ふたを開けてみると…来た「全員」とは…?

ゆうこ、れおん、よねちゃん。その三人!
めっちゃくちゃ少数精鋭やないか!

全員っていうからには555人くらい集まるのかな?と思ってたのだが。まぁいい。一騎当千の三人が集まっているのだ。少数精鋭で行くぞ!
一騎当千、つまり、一騎で千人にも当たるという…もンのすごいやつのこと。気概だけはその心構えで行った。

すると、なかなかほっこりとした会がボタニックグリーンで開催されていた。人数もちょうどよい。めでたし、めでたし。

ゆうちゃんとれおんも久しぶりに山の気を浴びてハッスルしていた。

ゆうこ・れおん・よねちゃんと公園の滑り台で家族みたいに遊んだ。

ゆうこ・れおん・よねちゃんは三人家族みたいに夜の高尾駅で手を振ってた。



高尾で一泊して翌日、ねりま区の上石神井(かみしゃくじい)に行った。それが昨日だ。
昨日の上石神井。さまざまな人々が集まっていた。

よねちゃん。かずみちゃん。のぞみちゃん。らいみちゃん。ひなたさん。火菜(かな)さん。ゆきんこさん。そして「ぷ〜」。

ぷ〜。は猫で、18歳だ。
ぼくが歌をうたうと、聞いてくれていたし、「にゃ〜」と一緒に歌ってくれたのだ。

上石神井に、「ちょっとしたカフェ」というカフェがある。ぷ〜はそこにいる。

ちょっとしたカフェは火菜さんとパティシエのゆきんこさんのふたりでやっている。

ねりまの淳子さんが教えてくれたのだが、
「ねりまに面白そうなカフェがあって、そこをやっている人が火菜(かな)さんといって名前に火がついて、しかも誕生日があなたと一緒だよ」
と聞いて、ぜひ会ってみたくなり行ったのだ。

火菜さんは本名だった。本名で「火」をつけてる人には会ったことも見たこともない。ぼく(清火)も本名。それで互いに1127生まれということで、会って話し、盛り上がる。会ってて違和感の少ない人だった。ふたりとも旅好きで、アメリカインディアンが大好きというのも共通している。

んで、その出会いの場に、淳子さん、ひなたさん、のぞみちゃん、らいみちゃんなどが同席していた。

ちょっとしたカフェではいろいろ面白い企画もしてるようだ。

ゆきんこさんの作るスィーツは売りきれてて食べられなかった。

そのあとタイ料理屋さんに行ったりして、「火の付く1127の人」と交流した。



そしてさらに今日。ぼくとのぐちさんが明治神宮の前の橋の上でボーッとしてると、ジャスミンさんがたまたま通りがかった。奇遇だ!ジャスミンはのぐちさんの知る明治神宮の森のチーフツリーに一番会いたがってた人なのだ。ちょうどよい。(よすぎる。)ジャスミンさんは友達のちるちるさんと一緒だった。そこに、淳子さんともとき君が現れた。

淳子さんも明治神宮の森の木を気にしていた。

今日は、ただ単に淳子さんをのぐちさんに紹介しようと思ってた日だったのだが、何の操作もしないのに、なんとなく、みんなで明治神宮のチーフツリーを見に行くツアーがはじまった。

またもや、のぐち・淳子・もとき・ジャスミン・ちるちるというパーティーができて、テクテクと森を歩いていた。
ふと気づくとそういうことになってる。



毎日こんな調子で
いろんな場所で
いろんな人と
いろんなパーティーを組み、
一瞬出会っては別れる。
一期一会のパーティー。
そんな日々です。
[PR]
by kazeture | 2009-09-28 22:30 | Comments(0)

高尾 ボタニックグリーン

a0006008_1228592.jpg

a0006008_12285967.jpg

新宿から京王線に乗って350円で高尾駅に行ける。そんなに遠くない。

高尾駅から徒歩8分のところに「ボタニックグリーン」のアトリエがある。

「ボタニックグリーン」は友達のふくちゃんとりえさんの草木染め工房。

ここは普段は草木染めの作業をしていて、お店として開放してるわけじゃないけど
昨日はイベントをしていたので遊びに行ってみた。

すぐそばをきれいな川が流れていて、山も近くにあり、とてもいい場所だ。

川のほとりの一軒家にふくちゃんとりえさんは住んでいる。

ふたりは結婚を機に今年のはじめに関西から移住してきて住みつき、草木染めをやっている。

今回のイベントは草木染めの服の展示と湘南からやってきた移動カフェ「honobono号」と音楽コンビ「ミタタケ」のコラボレーションだった。

ボタニックグリーンの草木染めの服は緑色のものが多い。緑の葉っぱで染めている。緑色の染めものは珍しいらしい。それがボタニックグリーンの特色である。

イベントは盛況だった。

ふくちゃんとりえさんの人柄というか、雰囲気がいいし、ここは人が集まる場所になってゆくのだろう。もうすでになってた。

いろんな人がやってきて、出会い、話し、なにかを交換する。ふたりのやってることを手伝う。

関西から移住してきて、さっそくふたりは持ち前の面白さで人を引き付けてるように思った。

といっても、こういうふうにイベントで場所を開放しているのはまれで、普段はひたすら染め、染め、染め…でてんてこ舞いなようだ。

またそういう地道な作業を手伝いに行こうと思う。


ふくちゃん、りえさん、ありがとう。

応援していま〜す。



伝言・関西のみんなへ:

ふくちゃん・りえさんは楽しく面白く仲良く暮らしてたよ〜。心配ないッス。引き続きみんなで応援しましょう。



ボタニックグリーンのページ:
(いろんなイベントに出店してるので見に行ってみて下さい!)

http://botanicgreen.com/
[PR]
by kazeture | 2009-09-27 12:28 | Comments(0)

アイの花が咲いたよ

a0006008_11294319.jpg

川越でえんぱち君に会う

車でえんぱち君の家へ

えんぱち君の家は畑の真ん中にぽつんと建つ一軒家

友達とふたりでシェアしている

えんぱち君は三味線を弾く人

介護の仕事をしながら音楽もやっている

家には三味線のほかにキーボード、ドラム、ギター、ベースなどがあった

彼はいろいろ弾けるのだ

えんぱち君が伊勢えびラーメンを作ってくれた

ひろきさんも来た

三人でいろいろ話す

話す 放す 離す 解き放つ

ぼくがギター鳴らして歌い、えんぱち君がドラムを叩き、

ひろきさんが声を出す

三人でやったらいい感じだった

こんなふうに演奏できたらいいねと話した

すると翌日そんなふうに演奏する機会がやってきた

アヤコさんのスペース「心音(ここね)」で



翌朝 えんぱち君にひろきさんの家まで送ってもらう

ひろきさんと川越市駅に行き、ちづちゃんと合流する

川越のカフェに行き、

ちづちゃんの作ったふんどしをぼくもひろきさんも買う

藍染め・ヘンプコットン

ちづちゃんは藍の葉っぱから染めて作っている

とても肌触りのいい布だ

そこに香(きょう)ちゃん、久美リンがやってきた

ひろきさんと香ちゃんがこのカフェでやる吉本有里さんのコンサートの打ち合わせをしている

ランチタイム。パスタを食べる

香ちゃんは香りに関する仕事をしているので名前が合っている

「アイの花が咲いたよ」

唐突に香ちゃんがちづちゃんに言った

「愛の花が咲いたよ」

というふうに聞こえた

実際は藍の花が咲いたらしい

どんな花なんだろう?

きょうちゃんの家の庭の草の葉を使って、ちづちゃんが草木染めのワークショップを時々やってる

きょうちゃん、久美リンが去り、ぼくらは川越を歩く

古い町並みがある

朝のドラマの影響(川越が舞台)で観光客が多い

さつまいもとお菓子が名物

さつまいもを使ったお菓子が多い

ひろきさんのパートナーまりこさんが来て、「いも恋」というお菓子を買ってくれた

おいしい

タカハシさんの美容室へ

ひよこさんがタカハシさんに髪を切ってもらってた

美容室の地下でひろきさん、ちづちゃんとゴロゴロする

なごめる場所だ

タカハシさんはお仕事中で話せなかったが、また話したい

そして川越のNEWスポット、「心音(ここね)」へ

アヤコさんが開いた新しいスペース。初めて行った

いろんなことのために使うスペース

今はヨガとひろきさんの整体ヒーリングに使われている

板の間と畳の間とテラスがある

いい感じだー!

ちづ・ひろき・まりこがゴロゴロしているのでぼくは

「さばくのカエル」を歌う

ひろきさんがぼくを見て「カエルの王様だ!」と叫ぶ。なんなんだ
きょうちゃん再度登場。きよ君も

きよ君(6歳)は山手線のアナウンスの真似をしている

きょうちゃんが焼き芋を持ってきてくれ、食べまくる

アヤコさんもやってきた

アヤコさんの手料理を食べまくる

満腹になり、ひろきさんに気功を習う

天と地の気を百会と会陰から入れてバランスを取るのですよ

きょうちゃん、きよくんが帰り、

ちづちゃんも帰り、

よねちゃん、えんぱちくんがやってきた

宴のはじまりだ

ぼくは
・ウタ
・オキナワ
・キャラバンソング
・さばくのカエル
・風の音を聞いたかい
を歌った

えんぱちくんがジャンベやギターで合わせてくれる

ひろきさんが声を出し、舞う

たのしかったなー!

集まった方々、ありがとう

アヤコさん、「清火を囲む会を開きたい」と言ってくれてありがとう

大学イモもおいしかった

さつまいもタウンを満喫

心音は気持ちいい場所なのでまた行きたい

よねちゃんと一緒によねちゃんのねりまの家に帰った

やっぱり川越はワンダータウンだった…
[PR]
by kazeture | 2009-09-25 11:29 | Comments(0)

ある星での出来事

a0006008_1824788.jpg

代々木八幡でのぐちさんに会う

のぐちさんと代々木公園のエノアールカフェへ行く

エノアールの小川てつオ君、いちむらみさこさんに会う

彼らは代々木公園にテントを張って住むげいじゅつ家

ナゾ茶をいただく

丘の上を徘徊

新宿 図書館カフェへ

ヒライらま氏と出会う

ヒライらま氏はとても感じのよい人だ

あだっちも来る

ほかにもたくさんの人が入れ代わり立ち代わりやってくる

新宿新南口の路上にいるヨーコちゃんに会う

二年前に九州で知り合ったヨーコちゃんは新宿の路上で自分の手作り品を売っている

大阪のぐっさんが通りかかり知り合う

みんなと別れのぐちさんとふたり甲州街道を歩く

渋谷センター街にあるネットカフェへ

喧騒の街の底の底でねむる



翌朝、原宿竹下通りのカフェでモーニング

明治神宮の森でチーフツリーに会う

ほかの木から尊敬を集める古い古い木

明治神宮の森をぬけ原っぱへ

原っぱでゴロゴロしながら友人ユーダの書いた小説を読む

原宿のお店で昼食

代々木公園を歩く

代々木公園ではもう太鼓は鳴らせない

代々木八幡前のドトールでお茶

のぐちさんと別れる

よねちゃんに会う

よねちゃんと話す

よねちゃんは調子がよい

よねちゃんちに泊めてもらう



翌朝、よねちゃんと一緒に五反田に行き食事

ふみちゃんがくちゃんと合流

きーちゃんの家へ

きーちゃんはありりんと一軒家に暮らしている

みんなでゴロゴロする

その後新宿に行き、

よねちゃん、きーちゃん、ありりんをのぐちさんに紹介する

とおる君もヨコスカからやってきた

図書館カフェへ

みんなとヒライらま氏が会う

ぼくがギターで歌い、とおる君が太鼓で合わせてくれる

金沢で一緒にやって以来か?

きーちゃんはからだの中ではげしく踊る

ヒライらま氏が歌をほめてくれた

そのあと新宿を歩き回り、広場に行ったりなんだかんだしたあと

みんなで屋台のラーメンを食べる

そんでさよなら

のぐちさんが反対側のホームで不思議な手振りをしている

またよねちゃんちに泊まる

よねちゃんは調子がよい

よねちゃんはもうすぐハワイに行く



翌朝、今日

よねちゃんとブルース・リーを見る

かっこいい

考えるな! 感じろ!

ねりまの友達淳子さんと会う

よねちゃんともどもねりまの未来を考えるねりまグループ

よねちゃんが出かけて淳子さんも出かけて

ぼくはねりまを歩く

そうだ川越へ行こう

川越、ワンダータウンへ…
[PR]
by kazeture | 2009-09-23 18:02 | Comments(0)

夏の花

a0006008_17443919.jpg

去りゆく夏にしがみつくぼくの心
[PR]
by kazeture | 2009-09-18 17:44 | Comments(0)

9/26は全員高尾山へ!

a0006008_10323576.jpg

2009年9月26日土曜日は全員で高尾山に行ってみよう!

ぼくの友達のふくちゃん&りえさんが今年のはじめに関西から高尾山に引っ越して来て住み着き、草木染めをやっています。

草木染めのお店の屋号は「ボタニック・グリーン」といい、最近は関東一円のいろんなイベント、野外フェスなどに出店されています。

とてもきれいな緑色のグラデーションの服たちが揺れるお店を目撃した方もおられることでしょう。

さて、そんなおふたりが今回、自身の高尾山のアトリエでイベントを開かれます。

彼らはまだ関東に来たばかりで知り合いも少なく、多少心細い思いもされてるようなのですが…

みんなで大挙して押しかけ、おふたりをきりきりまいさせてあげようではありませんか!!

絶対おもしろいッス。なぜならおもしろいふたりだから。

このような機会はもう二度ときません。(なぜならもうすぐ彼らも関東に慣れるでしょうから。)
歴史的な瞬間をまのあたりにしよう!!


Botanic Greenのブログをチェック!

http://botanicgreen.com/


「海から山へ」というのが26日のイベントの名前ですので、そのタイトルの記事を見てください。
[PR]
by kazeture | 2009-09-18 10:32 | Comments(0)

清火のインドでの活動 on YOU TUBE

http://www.youtube.com/watch?v=mFbPc5378Sk&feature=channel_page

ぼくがこのまえの7月にインド・ダラムサラのサブボディ舞踏スクールで

収録したぼくの歌「風の音を聞いたかい」がユーチューブにアップされていました。

となりでフルートを吹いてるのはアルゼンチンのゴルカです。

あなたの部屋にも風を吹かせてみてください。
[PR]
by kazeture | 2009-09-16 09:41 | Comments(0)

むかしのうた

a0006008_9325944.jpg

かぜはうたい
みずながれ
はなはさいて
くもはゆく

ゆこうゆこう
ぼくらもゆこう
かぜにつれられ
どこまでも




*ふと、むかしつくったうたがまいもどった。
[PR]
by kazeture | 2009-09-14 09:32 | Comments(3)

流浪の民

a0006008_8111917.jpg

どっちにも行ける。

どこに行ってもいい。



そうなると、

いったいどこに行けばいいんだ…?
[PR]
by kazeture | 2009-09-14 08:11 | Comments(0)