風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ベトナム南下

ラオスに続き、ベトナムにも初めて入国した。
ラオスとベトナムの国境で
ベトナムの闇両替人(女性)たちと会い、
ラオスの素朴な人柄とは違うものを感じた。
"この人の言葉は本当のことを言っていない"
というのを感じた。
それは今回旅したインドネシア、マレーシア、タイ、ラオスの
どこでも感じたことのない感覚だった。

ラオスからのローカルバスがベトナムのフエという町に着いた。
バスを降りるやいなやバイクタクシーのおっさんにつかまった。
''宿まで行ってやるよ"
"いくら?"
"8万ドン"
"そりゃ高いやろ。5万ドンにしてくれ"
"だめだ、8万だ"
"ん-、じゃ、6万"
"しかたない、7万にしてやろう"
バスで疲労してたのでそれで手を打った。
"よっしゃ、じゃ、7万な!"
で、宿に着いた。
"はいよ"と、7万ドン渡す。
"いや、8万だ。もう1万よこせ"
"は? 7万って言ったやろ?"
ぼくはそのまま宿に入った。
おっさんはしばらくぶつぶつ言っていたがやがて去った。
こういうやつはイヤだ。

ベトナムに着いたときの印象というのはこんな感じだったが、
"ベトナムって、、、"とか、"ベトナム人って、、、"と、
判断をくだしてしまうのはまだ避けようと思った。
そういうのは国を去る時に控えめにやればよい。

さて、フエで泊まった宿には日本人がいっぱい泊まっていた。
ぼくはこれまでバリ島でもペナンでもバンコクでも
日本人とはほとんどまともに会っていない。
"日本から離れたい"と思って旅に出た、という事情も
かかわっていると思う。
が、この宿では好むと好まざるとにかかわらず日本人と話すことになった。
ぼくはほぼ2カ月ぶりくらいに日本語を話した。
でも、日本人旅行者と話す、
というのはけっこう面白かった。
友達もできた。
彼らは"日本人"というより、
"旅という同じ時間を有している、たまたま同じ言葉を話す人"
という感じだった。
旅という同じ体験を同時にしてる人と語ることは
おもしろいのだ。
なにもわからずに泊まった宿だったが、
行ってよかったと思う。

フエはベトナムの古い王朝があった町で、
ぼくは旧市街やお堀端などの散策を楽しんだ。
ラオスと同じくフランスパンサンドはおいしい。
あと、フォーという麺もおいしいと思う。
ごはんの上におかずをのせた定食のようなのもよく見かけるので
米好きなぼくにはうれしい。

フエに3泊して、すこし南にあるホイアンという町に
移動した。
ここはその昔、何百年か前に日本人がいっぱい住んでて
(最盛期には1000人)日本人街を作ってたというところ。
古い町並みを歩くのはおもしろかった。
ただ、そこに明確な"日本"をかぎとるのは難しかった。
なにしろ、中国と日本の文化は源が同じで、似ているから。

そこではフエでも会った日本人で世界一周をしてる人や、
その人の知人で、これまた世界一周をしてる人と知り合い、
宿のひとつの部屋をシェアするという経験をした。
ぼくはこれまでほとんどシングルルームに泊まっていた。
しかしシェアすると安くなる。
ひとりきりの時間はないが、話したりして、
それもまたおもしろい。
自分の感覚にしたがってこれからもそういうのも
混ぜていってもいいなと思った。
(基本的にぼくはひとりで好きなようにしたがる傾向がある)
出会った人たち、ありがとう。
きっとまたどこかの街角でばったり会うでしょう。

ホイアンに2泊すると、さらに南下しようと思った。
そして、宿で注文して南部の海辺の町、ニャチャンへ行く
"スリーピングバス"のチケットを取った。
このスリーピングバスというのが
とてつもないしろものだったのだ。

ぼくが乗り込んだ時点で
最後尾の"恐怖の5人詰め寝台"しか残っていなかった。
この恐怖の5人詰め寝台というのは12年前に中国でも体験したが、
おそろしいしろものである。
バス最後尾の2段ベッドが5人で並んで寝るようになっているのだ。
ここに5人並ぶと、ぎゅうぎゅう詰めである。
そして今回ぼくの両どなりにはおっさん西洋人とおばちゃん西洋人が
陣取っていた。
ふたりともでかく、太っている。
そのふたりの西洋人とぼくが密着している。
これは、たいへんだ。
左どなりのおっさんからは加齢臭のようなものがする。
おっさんは狭い狭いと文句を言ったりせきをしたり
うなったりしている。
右側のおばちゃんは尻の肉がぶよぶよしているのが伝わってくる。
また、おばちゃんの腕とぼくの腕が触れ合い、
あばちゃんの腕の産毛をサワサワと感じるという状況である。

特におっさんは距離をとりたいタイプだった。が、
密着している。
人は、眠るときには内と外との境界があいまいになり、ひろがる。
だからどんなふうに眠るかというのは重要だ。
と普段思っているぼくにとって
突然ふりかかった難行苦行だった。
いったい、なんのために、、、?
これで12時間を行くのだ。

おっさんが身をよじり、"プウ?"と屁をした。
死ぬほど臭い。
ぼくの意識は真っ白にホワイトアウトした。
ウンコの臭いだ。くさいウンコの。
ぼくは巨大なウンコのかたまりに身をぴったりくっつけてるような
気がした。

ふと、目を開ける。
と、外が明るい。夜が明けている。
海だ。空だ。朝焼けだ。
とてつもなくきれいな色が世界を覆っている。
うおおおお、、、、。
バスは海辺の道端に休んでいた。
おっさんもおばちゃんも静かに寝息をたてている。
このためだったのか。
難行苦行の果てに見た海の朝焼けは
とてもきれいに見えたのだ。

そうして海辺の町、ニャチャンに着いた。
ここは、よい。
南国の海辺ののんきな気配が漂っている。
物価も安い。
2泊することにした。
ぼくはいまニャチャンのホテルのパソコンの前にいる。
明日、ホーチミンシティへと向かう。

日本では桜が咲いているのだろうか。
[PR]
by kazeture | 2009-03-31 14:04 | Comments(2)

ローカル・バス

(「そーだ! ベトナムに行こう」のつづきです)

ラオス・サバナケットのバスターミナルから
ベトナム・フエ行きのバスは
夜10時、定刻どおりに発車した。

これは「ローカル・バス」という名前で
「VIPバス」というのより200円安い
900円である。

900円でベトナムまで連れてってくれる…
妙に安い。
いったいどんなバスなのか?

ボロい…
韓国製の中古だ。ハングルがそこここに書いてある。
エアコンはない。
冷房は、風。車内を風が吹き荒れる。
乗降口も開きっぱなし。

そしてぎゅうぎゅうに客は詰め込まれる。
ぼく以外はみなラオス人のようだった。
待合所で空き缶を蹴飛ばしまくってるうるさい
おっさんがいて、なんかいやだなと思ってたのだが、
なんとその人がぼくのとなりに
きゅうくつそうに座っていた。
ぼくもきゅうくつだ。

走り出すと、車掌のような人がCDをセットした。
ら、前方のテレビ画面に1分間、映画「ターミネーター」が
始まるような画像が映った。
ターミネーターを見ながら行くのか?と
ドキドキしたが、それはそれっきり消えた。
そしてラオス音楽が大音響でかかりだした。
男と女のデュエットの歌だ。
えんえんと流れる。
それを聞きながら行く。

暗い…
田舎だ。田舎の道だ。
ときおり、人や、バイク、自転車、牛、ヤギ、水牛などを
追い越す。

ぼくは夜のバスの限られた視界に目を凝らしていた。
夜だとはいってもなにも見えないわけじゃない。

眠ろうとする。
が、バスの振動が強すぎて眠れない。
それからわりと頻繁に運転手が急ブレーキをかける。
道に穴ぼこや盛り上がりがあるためだ。
それも眠りをさまたげる。

3時間走って夜1時、どこかに着いた。
ベトナムとの国境はもう近いと思われる。
車掌に身振りで「降りろ」と言われた。
倉庫と、食堂のようなのがある。
ラオス人たちはその食堂にただ座っていた。
人々が倉庫からバスにいろんな物を積み込んでいた。
そのために停まっているらしい。
手持ち無沙汰なぼくは少し離れた道端に
ぽつんと座っていた。

えんえんと続く積み込み。
なにもすることがない。
誰とも言葉が通じない感じだ。
眠い。
バスの座席にいさせてくれたら
眠れるのに。

3時、ようやく積み込みが終わった。
当然、バスはまた走り出すのだろうと思っていた。
走らない。
誰もいなくなった。
気がついたときには誰もいなくなっていた。

ぽつーーーん。
ラオスの山の夜道にひとり。
なんなんだ。みんなどこ行ったんだ。
どこかに溶け消えてしまったようだ。

考えたんだが、
いまは夜3時で、きっと国境のイミグレーションが
開くのが朝なんだろう。
それで朝まで待つのだろう…
しかし何の説明もなかったのが
変な気分だった。

待った。
暗い。
寒い。
ここは山で標高が高いのだろう。
冷え込む。鳥肌が立つ。
バスに入れないのかと開けようとしてみたら
閉まっていた。

すこし散歩する。
橋があり、水音がする。
川が流れる音、コポコポいっている。
そしてその音のわきに、
カエルの鳴き声がした。
非常に懐かしい気分におちいった。
上を見ると満天の星空、
さそり座が冷えながら熱く燃えていた。

またバスのあたりに戻る。

若い女の人が突如現れ、
「チェンジマネー?」と言ってきた。
驚く。朝の4時。暗い夜道で突然に。
「いや、必要ない。もう両替した」といっても
食い下がる。
その女は去った、が、新手が現れた。
3人いる。同じことを言ってくる。
なんなんだ…
どうもベトナム人らしい。ラオス人とは
なにかが違う。
芝居がかってて、計算高い感じが
ちらりとする。

もうオレは眠い。寒い。うるさい。
なにも言わないでくれ。
一睡もしてない。

5時。
別のバスが来る。
バスピープルが降りてくる。
その人たちの中に埋没するぼく。
なんとなく孤独はまぎれるが、
ぼくと同じバスの仲間はいないのだ。

5時半、朝ごはんの屋台を出すおばさんがいる。
まだ真っ暗だ。

6時、空が明らみだす。
そのとき、どこからともなく
ぼくのバス仲間が出現した。
よおーーく見ると、食堂の奥のほうの
蚊帳の中から出てきたらしい。
店の人と一緒に。
店の人と一緒にそこで仮眠してたのか。
そんなん、オレにわかるわけがない。し、
わかってもなかなかできない。

みんなはバスに乗り込んだ。
6時半、走り出した。
7時、イミグレが開いた。

おめでとう。
無事、ベトナムに入れました。

やっと入れた。
途中、一睡だけ、したと思う。
フエには11時に着いた。
ぜんぜん知らない町だが、にもかかわらず、
やっと着いた感じがすごく強くて
「憧れの町」に着いたような気分だった。


こうしてぼくのベトナム生活ははじまった。
[PR]
by kazeture | 2009-03-31 14:02 | Comments(0)

そーだ! ベトナムに行こう

チベット入域禁止事件もだんだん心の中で収まってきたころ、
"そーだ! ベトナムに行こう"
と 突然 思い立った。

まったく突然だ。
それまではこのあとタイに戻ってカンボジアに向かおう
と思ってたけど
急にベトナムに行ってみようと思った。

それで昨日の夕方
突然荷作りをはじめ、
電光石火で飛び出した。
夜22時に夜行バスが出てるのだ。
ラオスのサバナケットからベトナムへ。

宿のおばちゃんに宿代を払い、
カギを返してありがとうと行って
外に出たら
この宿の日本人宿泊客3人に会った。
すこし話したことがあった人たちだ。

メジロさん(仮名)と
ハゲアタマ君(仮名)と
非フレンドリーな旅行者(仮名)の3人だ。

メジロさんは目の周りだけがグラサン焼けで白い。中国の雲南省に8年も住んでたという。
ハゲアタマ君は若々しいのにはげそうで、これから2、3年旅する。いま1週間め。
非フレンドリーな旅行者は非フレンドリーで、いい感じだ。
非フレンドリーなひと、というのはなんか(ぼくにとって)好ましい。

その3人と仲良く話していると
ぼくが夕暮れにサンドイッチを買ったことのある店の
娘さん(ラオス人)がとおりがかった。
で、ザックを背負ったぼくに話しかけてきた。
"あ、もう行くの?"
"うん、行くよ"
"ばいばーい"
"ばいばーい"
明るい笑顔で走り去ってった。
なんや、あの娘、オレのこと覚えてくれてたんや。
あったかい気持ちになる。

で、日本人3人衆にも笑顔で見送られ、
ぼくは暗闇の向こうのバスターミナルに向かって
どんどん歩き出した。


つづく
[PR]
by kazeture | 2009-03-24 18:14 | Comments(0)

チベットに入れない

ラオスのサバナケットという特になにもない町で のほほ~んと過ごしてたら

突如、ニュースが入ってきた。

「中国政府がチベットへの外国人訪問を禁止した」

というではないか!!


これ。↓

http://www.tibethouse.jp/news_release/2009/090218_tibet.html



うわーーーーー!

チベットに入れない!



最近「セブンイヤーズ・イン・チベット」(ハインリヒ・ハラー著)を再読してて、

チベットという場所がほんとうにひとつの独特な文化と生活様式を持った「国」なんやなー

と、感嘆していた。

何百年、何千年も鎖国してたゆえの、たったひとつの別天地。


それを「中国だ」と言うからにはものすごい力で押さえ込む必要がある。

理不尽な、莫大な暴力で、むりやり。

チベットとてたいへんなパワーを持った地だから、

中国も全力を注ぐにちがいない。

まあ、ぼくならまず侵略するなんて考えないな、チベットを。

それくらい確固とした独立国だ。



だから…

そんな、ものすごく荒々しい暴力が跋扈しているであろう地に

のこのこ出かけて行こう という気持ちはなくなってしまい、

もうチベット行きはあきらめました。



中国・チベット自治区以外のチベット文化圏(ネパール、ダラムサラ、ラダックなど)に

行って、チベットを感じてみようと思います。



ダライラマ亡命50年なんですね…

50年って長いな。

どんな気持ちなのかなあ





で…

それにともなって 今まで考えていた旅ルートを

なにもかも考え直すことに!


(考えてたルート:ラオス→タイ→カンボジア→ベトナム→中国→チベット→ネパール→インド)




いったいどうなるのか…

一寸先は闇…


思い通りにいかないのが旅、とわかってるはずだけど

いつもその瞬間は戸惑う。


そして

なにがなんだかわからない濁流に呑まれてるうちに

ふと気づくと また 凪いで なんともなくなっている。


また もうすぐ そうなるだろう。
[PR]
by kazeture | 2009-03-23 15:07 | Comments(0)

ラオスでの日々

こんにちは
春分の日?
ぼくはラオスにいます
いまはサバナケットという町です
むちゃくちゃ暑くて 焦げてしまいそう
ネットカフェは涼しいけど



タイの国境の町ノーンカーイを出るとき
ゲストハウスで隣の部屋だった
西洋爺さんに
「ラオスに行くのか? ラオスは物価が高いぞ! わしは1週間しか居れなかった」
と いわれた。
え?! ラオス、高いの? 安いと期待してたのに…
「中部も北部も高い。ビエンチャン、バンビエン、ルアンプラパン、みな高い。
安いのは南部だけじゃ」
そうか…

しかし この忠告はすごく役に立った。
現地についてから混乱せずに済んだのだ。
ありがとう、爺!


さて 国境を越えるときに
とんでもないことが起こった。
どさくさにまぎれて帽子をなくしてしまったのだ!
あの いつもかぶっていた 青い帽子。
かなしい…。むなしい…。
相棒をなくし、よろよろとラオス入国。

んで乗り合いミニバスのようなのに乗って
首都 ビエンチャンへ到着。
市場は人でごったがえしている。
歩いて宿を探す。

パリの凱旋門に似た門がある。
ラオスは以前フランスの植民地だった。

たどりついた宿は70000キップ。700円。
これでも安いほうのようだ。
ここに泊まる。
タイは400円くらいだった。


ラオスの印象は
のんびりした 素朴な感じ。

フランスの影響がある。
フランスパンがある。
フランスパンにはさんだサンドイッチが
そこここに売っている。
これがおいしい。
好物のバナナシェイクジュースとともに注文し、
カフェの暗がりに憩う。
至福だ。

ご飯も、カオパット(やきめし)など
タイと同じようにおいしい。


メコン河がのろのろ じわじわ流れている。
岸辺に降りる。
ここでぼくは たいへんなものを発見した。
100ドル札がぷかぷか水面に浮かんでるではないか。
100ドル! たいへんな大金だ。
ぼくは夢中ですくいあげた。
と、まだあちこちにある。
興奮して拾いまくる。
結局 100ドル札を15枚も拾った。
濡れてるが 乾けば使えそう。

乾いた。
よく見ると、紙がペラペラ。モノクロ。
100ドル札ってこんなにチャチやったっけ?
ん? よく見ると
番号が全部一緒やんか?!
ニセ札だーーーーー!!
がっくり。

結局俺は「カネ」に踊らされている生き物だ…。
カネの有無が、カネの多寡が、旅を決めている。
そこからは逃れられない。


ビエンチャンには4泊した。


そして昨日、南部の町サバナケットへ移動。
そう、あの爺が「安い」と言ってた南部に来たのである。
宿は一泊40000キップ、400円。ビエンチャンの半額くらいになった。
ほっ。よかった。
サバナケットにしばらくいようと思う。

ここにもメコンが ゆらゆらと流れる。
すごく暑くて 帽子はまだない。
[PR]
by kazeture | 2009-03-20 14:53 | Comments(0)

メコンのほとり

いま、メコン河のほとりにいる。

バンコクからバスに乗ってタイ東北部のノーンーイという町にやってきた。

メコン河が流れ、対岸はラオス。



12年前にタイ北部のメーサイからメコンを越えてミャンマーに行ったけど

そのときに比べて

タイの道路と街が大きく進化発展してるのに驚いた。



この国境のノーンカーイにもセブンイレブンもあるし

銀行ATMはあちこちにあり、

日本語のできるネット屋さんもあって

こうして日記が書ける。


ちなみにいま、パソコンの画面から視線をはずして

左を見ると、メコン河とラオスが見える。



タイは都会化したのだなあ…





明日はラオスへ行く。

行ったことのない国、ラオス。

不思議の国と称されるラオス。

いったいどんなとこなんだろうか?





メコンはゆったりしている。

大河。

こういうものがあると、ぼーーっとしやすい。

こういうものの前で、ぼーーっとする以外にすることはない。



ここではかなり川幅が広い。

ときおり、小さな舟でラオスやタイの人が行き来している。

外国人は舟では渡れない。橋を渡る。

タイからラオスへ、いろんな物資が舟で運ばれてゆく。



対岸は別の国。

ラオスのほうがのんきな様子だ。なんとなく。

対岸が別の国。不思議な感じだ。



ぼくはメコンのほとりでぼーーっとしている。
[PR]
by kazeture | 2009-03-14 15:02 | Comments(0)

夜汽車でバンコクへ

夜汽車に乗って バンコクに入った

今朝 着いた

さっそく 象がいた

象のまわりで人間が人間を象に乗せようと

躍起になっていた






ペナン島には6泊したよ

ペナン漬けの日々。

安宿でごろごろしてますねん。

でもいい本も読んだよ

沢木耕太郎「旅する力」





んで、ある日ふらりとペナンを出て

フェリーに乗ってマレー半島

列車に乗って タイへ




タイに入って

国境に近いハジャイの街に一泊するつもりが、

気が変わって そのまま夜汽車に乗り続けて

バンコク入り。





ホアランポーン駅という でっかい駅の近くの

チャイナタウンの旅社に泊まる。





で、古本屋さんへ。

スクンビット通り ってとこ、

日本人だらけ、日本語だらけ。

たこ焼き屋もあるぜ!

日本書専門古本屋も何軒もある。

そこでひとしきり本を物色した…





そうそう、

バンコクにBTSっていう便利な乗り物ができてたよ!

宙空を走るモノレールみたいなやつ。

12年前にはなかった。

俺にも乗れたよ! 原始人の俺にも。

カードみたいなやつを買ってピッと通す。

ピタパ(イコカ?スイカ?)みたいなやつをピタッ!と

やってるヒトもいたよ。





タイの若者たち おしゃれやなー

女のヒト、きれいですよ。

いい感じっス!





帰りに路上の屋台で

ラーメンみたいなやつをすする。

路上屋台はなんかしらんがたのしい。





そんなこんなでバンコク1日目が過ぎていきます。





このあとはラオスに行くでー。





では また。
[PR]
by kazeture | 2009-03-10 22:15 | Comments(0)

ユーラシア 上陸

数日前からユーラシア大陸に入っています。

いまはマレーシアのペナン島。





バリ島のウブドからデンパサールに行き
ジョグジャカルタ行き夜行バスの旅。
冷房が寒い。

朝、ジョグジャに着くとタクシーですごく安い宿にチェックイン。
そのままボロブドゥール寺院へ。
世界遺産。でっかい仏教遺跡。
積まれた石組み、何人もの瞑想するブッダ。
その上を風が吹き抜ける。

ジョグジャカルタの街、安宿街周辺は
のんびりした感じでとても気に入った。
でも1泊。

で、ジャカルタへ。インドネシアの首都。
列車で向かう。
列車の中には物売りの人たちがいっぱい。
駅に停まるたびに、乗客ではなく物売りがいっぱい
入ってくる。
へんな物を買ったり買わなかったりした。
その物売りの多さにびっくりした。

ジャカルタは都会で、ビルと車、排気ガス。
田舎から行くと、人々はちょっと
とんがった印象。
でもおおむね楽しくすごす。

西武デパートの中の紀伊国屋で
日本の新刊書を見る。
吉本ばなな「みずうみ」など、買いたくなる。
でも買わない。

ダンキンドーナツに入ってみたりする。
レモンティーのカップがバカでかい。

ジャカルタで2泊し、
ヒコーキでバタム島へ。
なんでヒコーキか?
ビザの期限が迫ってた。1ヶ月の。
で、ぴゅーんとバタム島へ。
1泊しようと思ってたが、物価がバカ高いことを知り、
そのままマレーシアのジョホールバルへ渡る。

ジョホールバル。
ここはユーラシア大陸最南端の地。
ここからユーラシアの旅が始まる。
どうぞよろしく、ユーラシア。

ジョホールに着いたのは土曜の夜で、
街はフィーバーしていた。
シンガポール人が週末に遊びに来るのだ。
チェックインしようとした安宿に
売春婦がいっぱいいた。
そこは満室。
そういうヒトがいない宿に泊まった。

ジョホールバルの屋台街がとても活気があり、
気に入る。
華人(中国人)パワーを感じまくる。
インド人もいる。
民族混成国家マレーシアの魅力を
体に浴びる。
ぼくもその混成団の中に混じりこみ、
違和感がない。

ジョホールバルで「ホテルHawaii」という
いい宿を見つけ、そこでくつろぐ。

その間、ひとつ、
おそろしいくらいの確率で起こる
シンクロニシティ(偶然の一致)を経験。
仰天、驚愕する。

まぁなんにせよ、神は「その道でいいよ」と
告げてくれているらしい。

ジョホールに3泊し、バスでマレーシア北西部の
ペナン島へ。

マレーシアには来たことがあるが
ペナンははじめて。
13キロのペナン大橋を渡ってペナン島へ。
「タイヤよ、あれがペナンの灯だ。」
それはどこか神戸の夜景を思わせた。

タクシーの運ちゃんに「どっか安くていい宿知ってる?」
と聞いて連れてきてもらったのが
ここ、オリエンタル ゲストハウス。
安い。いい感じ。
宿泊客はネットが1時間無料。
わーい。

ペナンの町を歩く。
ここはむかしポルトガルの植民地だったところで、
ポルトガル風の町並み。
ぼくの宿もそう。天井がとても高い。
その町並みにいまは華人が入って商売をしてる。
漢字が踊る。
おもしろい雰囲気だ。

海南(ハイナン)チキンライスがうまい。
そればっかり食べる。

もうしばらくペナンにいて
それからタイに向かおう。





そんな感じで
いまユーラシアの端っこの
離れ小島。

ぼくは元気です。
[PR]
by kazeture | 2009-03-05 12:06 | Comments(0)