風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


<   2005年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

空と同居

a0006008_11581244.jpg

空を住まわせた葉っぱ

空を宿した身体
[PR]
by kazeture | 2005-10-31 11:58 | Comments(0)

こんな空の下に

a0006008_17482926.jpg

こんにちは

お元気ですか


写真の投稿を再開しました

(携帯電話で撮っています)


今ぼくはこんな空の下に

身を置いているよ


みなさんはどんな感じでしょうか?
[PR]
by kazeture | 2005-10-29 17:48 | Comments(2)

風見

a0006008_17393294.jpg


                右に行きなさい。

                風の来る方向に向かいなさい。
[PR]
by kazeture | 2005-10-29 17:39 | Comments(0)

朝の光

a0006008_1735229.jpg


                 朝、

                 川を渡って出かけた

                 川は光っていた
[PR]
by kazeture | 2005-10-29 17:37 | Comments(0)

空が透ける体

tranceparent glasscat fish
という名の魚がいる。

日本語に直すと、
「透明ガラスナマズ魚」となる。

この魚、熱帯魚なんだが、
小学生のころ、飼っていた。


この魚は、透明なのだ。

肉が透明で、骨が透けて見える。
その骨も半透明だ。

どうしてこんなことになるのか
知らないが、
ぼくは水槽のその魚を飽かず眺めていた。

不思議だった。


水草の間を揺れている。

骨が見える。

骨の向こうに、
向こう側が透けて見える。
水槽は空のほとりに置いてあったので、
空も見える。

空が透けて見える体。


ずっと眺めていた。

ずっと眺めていた僕のからだの中に

あいつが少しいるかもしれない。

いたらいいのにな。
[PR]
by kazeture | 2005-10-22 16:49 | Comments(1)