風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture


2017年 07月 17日 ( 2 )

歩行9日目 激しい雪がふる

2017年5月1日
ヒマラヤ アンナプルナ一周トレッキング 9日目
マナンにて休息日

マナンで3日ほど休む予定。
朝はよく寝た。

そして起きて、
「さぁ、休み1日目!」と思ってカーテンを開けると

a0006008_12521349.jpg
うわ!
雪や!
a0006008_12573600.jpg
そ、そんなに
寒いの…?
a0006008_13021555.jpg
うわぁぁぁーぁ。

しかたない。
雪でも何でも、その中を生きて行くしかないのだ。

a0006008_13061764.jpg
カチャマイ飲も。

カチャマイというのはアルゼンチン産のハーブティー(数種のハーブのブレンド)で、僕の気に入ってるお茶であり、ヒマラヤにも持参している。

a0006008_13113721.jpg

じつは僕は、寒いのが苦手なのだ。
暑いのはいくら暑くてもいいけど(気温100度はイヤです)、
寒いのは苦手です。

a0006008_13174893.jpg
カチャマイ飲も。2杯目。

寒いのイヤや〜、と部屋でグジグジしてると

a0006008_13225670.jpg

ぱぁぁーっ
と光が射してきた。

やったぜ!

外に飛び出す。

a0006008_13283204.jpg

ニルギリ レストラン に駆け込む。

a0006008_13360654.jpg

アップルクランブルケーキを注文する。

アップルクランブルケーキとは何か?

2009年のヒマラヤトレッキング(ジョムソン街道。タトパニからムクティナートまで2週間かけて歩いて往復)の時に食べて、めちゃくちゃ美味しかった思い出のあるケーキである。

a0006008_13583033.jpg
a0006008_14002180.jpg

この漫画にも描いている。

さて、では、これはどうか?

a0006008_13385616.jpg

ぱく。

これは、なんか、そうでもない…。
なんで?
わからない。
前回は「初めてである」「疲れている」「不安である」ということが作用して、極度に美味しく感じたのだろうか。
それとも、これがたまたまこういう味なのか。

よくわからないが、
アップルクランブルへの思いは急速にしぼんだ。
それでよかったのだろう。
もし美味しすぎたら食べ過ぎて破産と肥満で大変なことになっていただろうから。

マナンを散歩しよう。

a0006008_14224914.jpg
a0006008_14275028.jpg
a0006008_14341526.jpg
これがメインストリート。
マナンの町は、想像より小ぢんまりしていた。

a0006008_14401561.jpg
a0006008_14445079.jpg
a0006008_14510920.jpg
a0006008_14525712.jpg
a0006008_14560179.jpg
a0006008_14590093.jpg
a0006008_15012604.jpg
a0006008_15045270.jpg
a0006008_15081342.jpg
a0006008_15134288.jpg
a0006008_15344079.jpg
a0006008_15372736.jpg
こういうワイルドな登山系の映画をプロジェクターで上映してるお店がある。
どれも見たことないなぁ。
原作の本は読んでても。
あ、「セブンイヤーズインチベット」は見たっけ。
「キャラバン」ってどんな映画かな。

僕はあまり映画を見ない。

僕は、感じとして
・いま目の前に流れてる景色が映画だと感じる
あるいは
・自分が映画の中の登場人物(主人公)のような気分で生きている
ので、
実際の映画を見ている余裕がない。

映画は嫌いではないのだが…
もうすでに目の前に流れてて、それを見るのに忙しい。

a0006008_16265340.jpg
a0006008_16320759.jpg
a0006008_16425508.jpg
a0006008_16470109.jpg
a0006008_16595551.jpg
a0006008_17070252.jpg
a0006008_17092683.jpg
a0006008_17114797.jpg
今日、僕の泊まってる宿、満室かぁ。
雪で足止めを食らって停滞してる人が多いのだろう。

a0006008_17282717.jpg
a0006008_17442870.jpg

あ、雲が切れて、光が…。

a0006008_17463821.jpg
a0006008_17490328.jpg
a0006008_17502513.jpg
a0006008_17521964.jpg
夕食。Spagetti Tomato Mushroom Sauce with Cheese。

さて、食事をしている時、そこ(食堂)にはたいていWi-Fi電波が飛んでいる。
ここ、3500m地点でも。
1泊目の100円のボロ宿にもあったし、それ以降の宿(すべて1泊200円)にも全部あった。
「停電してて、今は使えない」という時は何度かあったが、少なくともすべての宿にWi-Fi電波を飛ばす機械は備え付けられていた。
で、僕はずっとiPhoneを使ってインターネットの世界とつながりまくっている。

つながりまくっている…。

今回、僕のヒマラヤの旅のテーマは「隔絶」であった。

ふだん、日本でつながりまくっているので、ちょっと、一ヶ月くらい「隔絶」されに行きたい。
一年のうち一ヶ月くらい異国で隔絶されたって、いいだろう。
一ヶ月隔絶されたら、どうなるかな?
と思って、ヒマラヤトレッキングのなるべく長いコースを選び、アンナプルナ一周(25日間くらい)にしたのだ。
隔絶ぅ〜、隔絶。
隔絶を求めて山に入っても、そこにはつながりがあった。
Wi-Fiはもっとなくなると想像していたが、どこにでもあった。
ここ1、2年ほどの間に完備された模様。
先進国のトレッカーたちがみな要求するだろうし、もしなかったら客は減るだろう。
僕も「あるなら使え」というわけで、使った。
無理に使わないようにはしなかった。
(ほとんどどこでもWi-Fiは無料だった。ごく一部で有料)

ネパールも広いし、こんな、西洋人がたくさん来る人気のトレッキングコースなどではない所に入り込めば、すぐ隔絶されることができるだろう。
だから、それはまた別の機会にしよう、と思った。

a0006008_18184278.jpg
a0006008_18232524.jpg
a0006008_18304173.jpg
a0006008_18383594.jpg

この日書いていた日記をここに転載しよう。

「頭が痛く、頭がボーッとして、気分がすぐれず、体をゆっくりとしか動かせない。
今朝起きたら左足うらのスジが痛くなっていた。
歩きにくくて困る。
ボカシオイルも馬油も凍ってる。
雪も降るし。寒い。
早く気分が良くなったらいいのだが…。

宿の部屋で一人
高山病と戦う。
自分との戦い。
自分一人での戦い。

“ヒマラヤほどの
消しゴムひとつ…”
(「1000のバイオリン」ブルーハーツ)

a0006008_18344137.jpg

雪のち晴れ。
の9日目が終わってゆく。

[PR]
by kazeture | 2017-07-17 19:07 | ネパール2017 | Comments(0)

歩行8日目 大きな町マナンに着く

2017年4月30日
ヒマラヤ アンナプルナ一周トレッキング 8日目
ンガワル(3660m)→マナン(3540m)

a0006008_22423063.jpg
a0006008_22445129.jpg
起きてすぐ窓から見たヒマラヤ

a0006008_22472814.jpg

5:40 ンガワルを出発。

今日は、いよいよマナンに着く予定だ。
マナンはこの行程中最大の町で、
僕はそこで高度順応と休養を兼ねて
3日ほど過ごすつもりだ。

ひと区切りとなる地なので、楽しみ。

a0006008_22504603.jpg
a0006008_23005022.jpg
空気が澄んでいる…。

a0006008_23033934.jpg
a0006008_22541367.jpg
a0006008_22580383.jpg
a0006008_23075946.jpg
a0006008_23095498.jpg
a0006008_23134867.jpg
a0006008_23162487.jpg
a0006008_23174616.jpg
a0006008_23231046.jpg
a0006008_23274663.jpg
a0006008_23295467.jpg
a0006008_23343590.jpg
a0006008_23370052.jpg
ふと見ると、そこら中すべての草に水滴が付いて、
きらきら光ってた!

a0006008_23441224.jpg
a0006008_23462588.jpg
a0006008_00011730.jpg
a0006008_00041947.jpg
a0006008_00075278.jpg
a0006008_00104908.jpg
ニットキャップ装着

a0006008_00152814.jpg
a0006008_00183475.jpg
a0006008_00244400.jpg
a0006008_00281433.jpg
加工なしでこの青!

a0006008_00315695.jpg
a0006008_00350213.jpg
a0006008_00374268.jpg
a0006008_00402572.jpg
a0006008_00440771.jpg
a0006008_00465621.jpg
a0006008_01080681.jpg
a0006008_01124417.jpg
a0006008_01190405.jpg

9:50 Mungji ムンジ に到着
茶店で休む

a0006008_01223569.jpg
a0006008_01254485.jpg
a0006008_01284308.jpg
レモンジンジャーハニーティー
a0006008_01313911.jpg
a0006008_01335767.jpg

この時、日記帳に「高山病の頭痛ヒドくてゆっくりしか歩けず」
と書いている。
どうも、そうだったらしい。
標高3500m以上に達し、すこし高山病の症状が出ていたようだ。

そして、この茶店を出てトコトコと歩き、
30mくらい行ったところに
a0006008_01470546.jpg
このパン屋があった。
‘Pie in the sky’。
a0006008_01390429.jpg
アップルパイ買っちゃった!
で、またお茶。
このへんのアップル、美味しいなぁ。
a0006008_01513187.jpg

a0006008_01545346.jpg
そのあと、また歩き出した。

a0006008_01562918.jpg
a0006008_02002929.jpg
a0006008_02081515.jpg
ぴゅううううっと風がゆくよ。

a0006008_02134437.jpg
a0006008_02165861.jpg
a0006008_02261947.jpg
11:15 Braka ブラカ に到着。

a0006008_02304481.jpg
a0006008_02332834.jpg
斜面に張り付くようにしてゴンパ(寺院)が!
a0006008_02363403.jpg
かっこいいなぁ。

a0006008_02410176.jpg
a0006008_02492696.jpg
a0006008_02520454.jpg

さぁ、あとひと息。

a0006008_02542878.jpg
a0006008_03005784.jpg

そして…
a0006008_03043490.jpg
やっと、
a0006008_03125051.jpg
ついに、
a0006008_03093480.jpg
12:00 Manang マナン に到着!!(標高3540m)

8日間かけて、ようやく。

a0006008_03181006.jpg
ここマナンからふもとのベシサハールまで車(ジープ)が出ている。
その発着所。

a0006008_03225822.jpg
ここがマナンの町かー!

a0006008_03255113.jpg
Hotel Yeti。ここに泊まろう。
(Yeti イエティ = 雪男)

やったー!着いた。

着いた、というか、まだ旅路は続く、5416mの峠を越えて…
だけど、ひとまず、ここまで着いた。

ほっ。

a0006008_11165516.jpg
宿の食堂

a0006008_11214095.jpg
Porridge with apple りんご粥

a0006008_11243920.jpg
カマド

a0006008_11283610.jpg
夕食のヌードル

この日はあたりの散策もほとんどせず(写真がない)、宿の部屋で休んでいた。

この日の日記の最後に、こう書いている。
「足のウラをいたわろう。
唯一の接地面だ。
足のウラをいたわろう。」

a0006008_11361305.jpg

こうして、8日目が終わった。


[PR]
by kazeture | 2017-07-17 11:51 | ネパール2017 | Comments(0)