風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


2017年 04月 03日 ( 3 )

ダルバート!

ネパールには、ダルバートがある。

ダルバートとは?

ネパールの定食。ネパール食の基本。

a0006008_23142784.jpg

ダル(豆のスープ)、バート(ごはん)、タルカリ(野菜のおかず)、アチャール(漬け物)のセット。

これがめちゃくちゃ美味しい。

器に入ってるのがダル、豆のスープ。

これが美味しい…。

「豆って、こんなに美味しいの?」と思う。

肉なしで、あっさりしてて、あんまり辛くなくて、僕はすごく食べやすく、
ネパールでは毎日ダルバートです。

a0006008_23151801.jpg

関係ないけど、5ルピー札の裏の、ヤクの絵がめちゃくちゃ可愛い。
(ヤク…ヒマラヤ高地に暮らす毛の長い牛っぽい動物)

a0006008_23164206.jpg

ダルバートを食べた後にラッシーを楽しんでます。



また、別の日、別の食堂で、ダルバート。

a0006008_23192319.jpg

左手前の器が「ダル」ですけど、

思わず「うぅーむ」とうなってしまいそうな
「深い!」味だ。

豆がこんなに深いなんて、ほんとにもう、お見それしやした。

僕はなんにもわかってませんでした。

わからないながらも、毎日ネパールで豆のスープを食べて、うーむうーむと言おうと思います。



追伸:
言うのを忘れてましたが、ダルバートはごはんもおかずもおかわり自由となっていて、ごはんやおかずを持った人が回ってきて、注ぎ足してくれます。
「もう要らんがなー!!」と叫ぶまで。

[PR]
by kazeture | 2017-04-03 23:12 | ネパール2017 | Comments(3)

ATMを探す

ネパール・カトマンズでは、水やお湯の量は少なく、

電気はよく停電し、

石油はインドが供給をストップしたら、すぐに困る。

地震から2年経ったが、いろいろなことが不安定である。



お金は…

日本円か米ドルの紙幣を持っているなら、
両替商か銀行で両替すればよい。

ATMは?

これが、くせものだった。

今日、国際キャッシュカードでネパールルピーを下ろそうとしたのだが、
なかなかうまくいかなかった。

もし、ATMで下ろせないと、僕には手持ちのお金が無くなる。

「下ろせない」ということを、想定していなかった。

ATMで操作を進めていると、
途中で「できません」と、カードを返してくる。

それが、三ヶ所くらい続いた。

(*ちなみに「ATMにカードが吸い込まれて出てこない」というトラブルが時々あるらしいので、僕は銀行に併設されたATMだけを使い、何かあったら人を呼べるようにしていた)


で、四ヶ所め。

そこには、おじさんがいた。警備員らしき服を着ている。

で、「この機械でやるといいよ」と、右から3番目を指差した。

a0006008_20211008.jpg

それでやってみる。

おじさんが、「この機械は、めちゃくちゃスローリーやねん」
と言う。

「スローリー?」

「そう。スローリー」

スローリーに
スローリーに
ゆーーっくりと
操作を進めたら…

下ろせた!

よかった。



「ATMは、使える」という前提で、僕は予定し、旅をしていた。

「もしかして、使えない?」という瞬間が訪れ、

僕は、「お金が無い世界」を想像させられる。

想像もつかないことを、想像させられる。

それが、いまのネパールの効用である。

[PR]
by kazeture | 2017-04-03 20:17 | ネパール2017 | Comments(0)

ニュー エベレスト モモ センター

2017年3月31日

ネパールのカトマンズの宿に荷を下ろした僕は、
カトマンズの町に飛び出した。

「ニュー エベレスト モモ センター」に行くのだ。

ネパールには「モモ」という料理がある。
餃子の一種で、チベット料理だ。

餃子が好きな僕は、モモも好きだ。

そして8年前に行って気に入ったモモの名店が
「ニュー エベレスト モモ センター」なのだ。

ぎょうぎょうしい名前…。
ちっちゃな店なんだが…。

しかし、エベレスト並みに美味しい。


土煙りの向こうに…

a0006008_01555021.jpg

姿を現した…

a0006008_01572165.jpg

ニュー エベレスト モモ センター!!

小さな平屋の小屋だが、地震にもめげず、建っていた。

モモを求める人びとで、混みあっている。

a0006008_01584529.jpg

a0006008_02002049.jpg

a0006008_02014733.jpg
来たーっ!
モモ 10コ、80ルピー(約80円)。

a0006008_02035017.jpg
ネパールで「モモ」と言うと、普通はバフ(水牛)の肉が入っている。

美味しー!!

a0006008_02063212.jpg
スープを注ぎ足してくれる。

このスープがまた、美味い。

いったいなんなんだ、この美味しさは。

スープは、なんかハーバルな風味だ。
香草?ハーブ?
植物の香りがして、爽やかだ。
肉の生臭さとかを消す働きがあるのか?

なんかしらんが、とにかく美味い。

a0006008_02101257.jpg

a0006008_02112330.jpg
モモ蒸し器

a0006008_02125321.jpg
ごちそうさまでした。
 

a0006008_02135616.jpg

a0006008_02145717.jpg



4月1日
また行きましたよ、
ニュー エベレスト モモ センターへ。

a0006008_02165879.jpg

a0006008_02175782.jpg
蒸しまくられる大量のモモたち



4月2日
また行きましたよ、
ニュー エベレスト モモ センターへ。
(3日連続です)

a0006008_02200002.jpg

a0006008_02213070.jpg
こわもてのお兄さんもモモに夢中

a0006008_02220981.jpg
食べろ、食べろ、

a0006008_02225525.jpg
食べまくれ!

a0006008_02240627.jpg

もう病みつきです。

しかたありません、
美味しいから…。

明日も行ってしまうでしょう…。

[PR]
by kazeture | 2017-04-03 01:47 | ネパール2017 | Comments(0)