風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture


2017年 03月 25日 ( 2 )

インドネシアの4週間

a0006008_15444520.jpg

2/21から3/21まで4週間、僕はインドネシアにいた。

バリ島と、ジャワ島のジョグジャカルタ、ジャカルタ。

元から僕はインドネシアが好きで、
4週間滞在という予定を取った。


で、今回、
インドネシアに滞在してみての感想。


インドネシアでは…
「◯◯しなきゃならない」
「◯◯してはいけない」
…という発想、雰囲気、価値観が
希薄である。

そして、
「ま、べつにえーんちゃう?」
といった、
許容、寛容、容認の雰囲気がある。

拒絶、拒否、強制、禁止、批判、非難
といった、
狭苦しい雰囲気が
ない。

テキトーな感じがあって
絶対的な感じはない。

いい意味のテキトー。

いい意味のテキトーとは
どういうことかというと、
こちらが話すテキトーな言葉(身振り、手振り、表情、意味をなさない声、関西弁、英語、インドネシア語が混濁)に対して
文法がどうとか語順がどうとか
正しいかどうかとか
にこだわらず、気にせず、
雰囲気で察し、想像して
こちらの意を汲んで、
だいたいでテキトーに判断し、
話をつないでくれる。

柔軟さがあるし、
頭が良いとも言える。

だいたい、なんとなくで
やっていく。
やっていける。

ゆるい。

日本に比べると、
大変にゆるい。

「それはちがうよ!」
って雰囲気が
ぜんぜん ない。

テキトー。
幅が広い。
生きやすい。
息がしやすい。


「◯◯しなきゃならない」
「◯◯しちゃいけない」
といった雰囲気が
日本には充満している。

それがない国で
日本を想うとき、
「なんで日本はそんなふうに
なっているのか?」
と思った。

それが日本人の本質なのか?
日本人は生まれた時から
それなのか?

いや、
そんなことは
ないんじゃないか?

そんなふうに
居づらい、
生きにくいふうに
仕向けられてるんじゃないか?

ほんとうに
したいことは
何なんだ?

ガチガチのレールを敷くことで
やりやすくなる
連中がいる。

が、当の本人たちは
生きづらくて
やりづらくて
仕方ない。
気づいてないけど。

「そんなもんなんだろう」
思いこんでしまっている。


そういう、
普段なんとなく思いこんでしまってて
自分で自分を苦しくしてしまっているようなことに、
異国に行くと気づくことができる。


僕は今回
4週間もぶっ通しでインドネシアにいたことで
かなり
インドネシアの雰囲気が
骨身にしみた。


べつにいーんだ、
そんなふうにしても
いーんだ。

というのが
根底にある社会。

やさしい人びと。


この雰囲気が
骨身にしみたので、
それをたずさえて
この先も行こう。

すぐに想い出せるぐらい
たくさんの笑顔を
もらった。

ありがとう、
インドネシア。

a0006008_15453972.jpg

[PR]
by kazeture | 2017-03-25 15:36 | インドネシア2017 | Comments(0)

ジャカルタを歩く

ジャカルタにいたのは3/19と20。
その2日間で見たもの。

a0006008_10390728.jpg
a0006008_10401502.jpg
a0006008_10410010.jpg
a0006008_10415179.jpg
「ジャカルタ西武」に乱入。

a0006008_10440098.jpg
よしのや

a0006008_10450613.jpg
まるがめうどん

a0006008_10461522.jpg
ココイチ

日本食のお店がいろいろある。
日本食が恋しくなってないので入ってない。

そういえば、
マクドナルドやケンタッキー、ダンキンドーナツなどもあるけど
今回はまだ入ってない。
現地食で満足してるから。

a0006008_10485883.jpg
無印良品。
ここに足を踏み入れると…
日本の感じ、
日本のキチッとした感じで溢れてて、
ちょっと懐かしくなる。
小さなハサミと、歯ブラシを買った。

a0006008_10511093.jpg
紀伊国屋書店。

a0006008_10520617.jpg
パーマン

ここは、日本語の本は…漫画(パーマン、ドラえもん、オバQ)と、
新海誠さんの「君の名は。」の文庫本だけ。

a0006008_10543782.jpg
HARUKI MURAKAMI 英訳本

a0006008_10555211.jpg

a0006008_10563814.jpg
フルーベリー チーズ パン
日本っぽいパン屋さんは、よくある。

a0006008_10573098.jpg

a0006008_10583243.jpg
a0006008_10591387.jpg
a0006008_11003645.jpg
a0006008_11020401.jpg
a0006008_11023353.jpg
ここでマンゴーを買った


翌日。
a0006008_11033197.jpg
コピ・ススを売店で買って
路上で飲む。ということを覚える。

a0006008_11050461.jpg
「トランス ジャカルタ」というバスに乗る。

a0006008_11060112.jpg

a0006008_11063634.jpg
「ジャカルタそごう」に乱入。

a0006008_11073631.jpg
紀伊国屋書店。
こっちの紀伊国屋には、日本語の本がいっぱい並んでる。
物色して、文庫本を2冊買った。

僕は本という文化が好きらしく、
日本語の本たちから吹く風に吹かれると
安心する。

a0006008_11101361.jpg

本を見ていると、冷房が強くて
冷えきってしまったため、
本を買うとすぐに外に出た。

a0006008_11122374.jpg
a0006008_11132531.jpg
a0006008_11140034.jpg
a0006008_11142953.jpg
a0006008_11145781.jpg
a0006008_11155691.jpg
a0006008_11170190.jpg
a0006008_11181211.jpg
a0006008_11190415.jpg

a0006008_11194969.jpg
ジャカルタの路上には、自転車でカフェをやってる人がいっぱいいる。
お湯や水やインスタントコーヒーの袋やコップや、いろんなものを満載して走ってる。
「チリン、チリン」とベルを鳴らして、「カフェが来たよ」の合図を送りながら走る。
路上の人が呼び止めたら…
コーヒー、お茶、ジュース、カップ麺などをササッと作って出す。
コーヒー一杯3000ルピア。25円。
インドネシアには自販機などない。
路上自転車カフェは、道行く人にとっても便利だ。
自転車一台あれば起業できる。
今日もチリン、チリンとカフェが来るよ。

a0006008_11231736.jpg
a0006008_11235807.jpg
a0006008_11244620.jpg
a0006008_11254359.jpg
a0006008_11264722.jpg
a0006008_11275529.jpg

ジャカルタの滞在が終わる。
インドネシアの滞在が終わる。

[PR]
by kazeture | 2017-03-25 10:35 | インドネシア2017 | Comments(2)