風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


バティックを買う

ジョグジャの宿は良かった。
居心地が良くて、ジョグジャでの滞在予定を1日延ばした。
a0006008_15563487.jpg
屋上テラスの朝食

a0006008_15573642.jpg
a0006008_15581433.jpg
フレンチトースト

a0006008_15592909.jpg
自分の部屋の前のテラスでお茶



さて、
ジョグジャカルタは芸術・文化の盛んな古都である。

バティック(ろうけつ染め。ジャワ更紗ともいう)が有名で、バティック店が軒を連ねている。

僕はバティックは結構好きで、買うかもしれないな…と思いつつ、
今回、あまり見ていなかった。
(多過ぎて見れない)

ところが、外国人向け本屋・雑貨店の片隅に置いてあったのが気に入り、買った。

ちょっとだけ置いてあったので、かえって見やすかった。

店の女性は「これはハンドメイド・バティックで、プリントではないですよ。スタンプをおして、このチャンチンって道具で色をつけるのよ」
(後で調べると、チャンチンは「蝋(ろう)をのせる」ものらしい…?)
と、チャンチンという道具を使う実演をしてくれたので、パシャリと撮影。
a0006008_16043028.jpg

17万ルピア…1400円なので、そんなに高くないと思う。
(写真のが、僕が買った布。オーソドックスな柄)

バティックの雰囲気がなぜか好きだ。
a0006008_16065016.jpg
a0006008_16081114.jpg

僕は荷物を増やせない身で、お土産はあまり買えないが、
旅の中で「使える」物は買える。

布は、シーツとして使える。
(安宿のベッドは、そのまま寝る気がしないときがある。)



ぶらぶら歩いてると、
素敵なカフェがあった。
a0006008_16092666.jpg
a0006008_16103755.jpg
a0006008_16113142.jpg

その一角に、アンティークコーナーがある。
a0006008_16125200.jpg
a0006008_16140238.jpg
ドアの取っ手。きれいな色。

a0006008_16150746.jpg
a0006008_16160957.jpg
僕は青いガラスが好きだ!



a0006008_16181633.jpg
ナシ チャンプルー

a0006008_16193659.jpg
a0006008_16202303.jpg
ミー アヤム バッソ

a0006008_16214786.jpg
ミーアヤム店の外観

a0006008_16225938.jpg

a0006008_16241375.jpg
馬車

a0006008_16250321.jpg
バナナ売り

a0006008_16255489.jpg
a0006008_16265453.jpg
a0006008_16275317.jpg
ランプの飾りに銀の鳥。

a0006008_16285965.jpg
食堂内の人たち

a0006008_16303473.jpg
a0006008_16311259.jpg
a0006008_16321914.jpg
a0006008_16325202.jpg
a0006008_16332633.jpg


a0006008_16342599.jpg
a0006008_16351478.jpg
a0006008_16360374.jpg
a0006008_16362993.jpg

ジョグジャでの滞在も、
もう終わり。

a0006008_16373733.jpg
a0006008_16381797.jpg

[PR]
by kazeture | 2017-03-23 15:51 | インドネシア2017 | Comments(0)
<< バイバイ、ジョグジャ ヤシの実の果肉を求めて >>