風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


空が透ける体

tranceparent glasscat fish
という名の魚がいる。

日本語に直すと、
「透明ガラスナマズ魚」となる。

この魚、熱帯魚なんだが、
小学生のころ、飼っていた。


この魚は、透明なのだ。

肉が透明で、骨が透けて見える。
その骨も半透明だ。

どうしてこんなことになるのか
知らないが、
ぼくは水槽のその魚を飽かず眺めていた。

不思議だった。


水草の間を揺れている。

骨が見える。

骨の向こうに、
向こう側が透けて見える。
水槽は空のほとりに置いてあったので、
空も見える。

空が透けて見える体。


ずっと眺めていた。

ずっと眺めていた僕のからだの中に

あいつが少しいるかもしれない。

いたらいいのにな。
[PR]
by kazeture | 2005-10-22 16:49 | Comments(1)
Commented by at 2005-10-30 00:54 x
気持ちがごちゃごちゃになりがちな最近
そんな魚を見ることができると
クリアになれそうです
たまにumaにもなります
<< 朝の光 カラスの羽根 >>