風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


78歳の旅人

2017年4月17日
ネパール・パタンの宿で、78歳の旅人Nさんと知り合った。
日本人女性で、単独旅行者である。

Nさんはこの25年間、つまり53歳から78歳の今まで、毎年一人でネパールに通い、1〜2ヶ月滞在して山を歩き回ってるベテラン・トレッカーだ。

61歳の時には標高5545mのカラパタールにも登頂。
ガイドが高山病になってリタイアし、一人で登ったという。

軽やかな風のような雰囲気を持つ、明るい笑顔の素敵な人だ。

で、Nさん行きつけの料理店「マロニエ」に行き、美味しい幕の内弁当(シェフは日本人)を食べながらNさんの話を聞いた。

ちなみにマロニエはとても素敵な建物・装飾のお店で、びっくりした。日本の方が作られたらしい。

a0006008_01330423.jpg
a0006008_01370557.jpg
a0006008_01385439.jpg
a0006008_01350235.jpg

「40代ですか…いちばんいい時ですね。山に登るのに」
78歳のNさんに言われると、そんな気がしてきた。
40代が、いちばんいい時。

「私は山の上では食べないし、飲まないんです」
高山病対策にたくさん水を飲む、というセオリーを破っている。
しかしNさんはそれで快調らしい。
つまり、自分のしたいようにすればいいのだ、と僕は気が楽になった。

「高所では私はヨガの呼吸になっているようです」
「ヨガの呼吸?」
「はい、吐くのを長ーくするんですね」
「意識してそうするのですか?」
「いえ、私は自然とそうなっているようです」
ジャック・マイヨール(深く潜水するのが得意な人)の海中での状態と一緒やないかーっ!

「いま、山に行く前だったら体調整えなさいよ。モモは食べない、ミルクティー飲まない、揚げ物食べない」
「え?モモ食べまくってミルクティー飲みまくってますけど」
「肉や牛乳が古くなったり、停電でちゃんと冷蔵できなかったりするから。おなかこわすと、ひどい時は一週間寝込んだりするのよ」
「そうですか、わかりました。山に行く前は控えます」
Nさんは衛生面に非常に気を使っていた。

「歩いてみなさい。
歩くと何かに出会うから」

Nさんのお話、ためになりました。

78歳のNさんが一人で元気にネパールを旅してると知って、
なんだか励まされました。

ありがとうございました。

(Nさんは「写真に撮られるのが好きじゃない」ということで、写真はありません)

a0006008_01430969.jpg

Nさんは宿で、最後の別れ際に、チョコレートを一袋くれた。
僕が「えー、そんなにたくさん、いいですよー」と断ろうとするのだが、
「いいじゃない! 山で食べて! 1日2つぶ食べればいのよ!」と、全部くれた。

山で、チョコレートを、1日2つぶ。

ありがとうございます。


a0006008_01523281.jpg
a0006008_01542494.jpg
a0006008_01570757.jpg
a0006008_01594938.jpg
a0006008_02025864.jpg
a0006008_02051300.jpg
a0006008_02061689.jpg
a0006008_02090898.jpg
a0006008_02113137.jpg
a0006008_02153211.jpg
a0006008_02175431.jpg
a0006008_02194429.jpg

[PR]
by kazeture | 2017-07-10 01:27 | ネパール2017 | Comments(0)
<< 大目玉ボダナート パタンの宿が気に入る >>