風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


不思議なカフェ

バリ島アメッドの道を歩いていると、不思議な場所に出た。
a0006008_23290939.jpg
ここ。
門だ。
何かのスペースの入り口だ。
うーむ。なんだ、この雰囲気。
不思議な…
おとぎ話か何かの世界のようだ。
なんか面白い。
a0006008_23321024.jpg
a0006008_23331493.jpg
a0006008_23335907.jpg
西洋人が作ったスペースのようだ。
僕はふだん、西洋人がこういう場所(アジアなど)でやってることに、あまり興味を示さない。
土着のバリ文化に興味があると思っているから。

だけど、ここは何か違った。
「おもしろそう」と思わせた。

それはひとつには、この看板の手描き文字が
なにかおもしろそうに描かれていたからだ。
描くときの心情が伝わってきたのだ。

a0006008_23344041.jpg
アロエベラ。
と書いてある。
アロエベラ入りジュースが飲めるようだ。
ここの自家菜園で採れたアロエの。

アロエベラが好きで、
ピンときた僕は、
この不思議な門をくぐり、
吸い寄せられるように
中に入っていった。

a0006008_23375340.jpg
a0006008_23383392.jpg
a0006008_23391942.jpg
a0006008_23401047.jpg
植物がジャングルのように生い茂る中に
石が配置され、
水が流れる。
なんかいい感じだ。

建物の中に入ってみる。
(建物といっても、屋根と柱だけのような感じだが)
a0006008_23462248.jpg
a0006008_23482324.jpg
a0006008_23490280.jpg
a0006008_23495370.jpg
a0006008_23504968.jpg
a0006008_23512768.jpg
びんがいっぱい並び、
葉っぱとか粒とか粉とか塩とかいろいろ入ってて、
売られている。
液とかオイルとかローションとかも
いろいろある。
きっと、なんか、からだに良さそー!!
と思った。

a0006008_23540516.jpg
ここはAIONA(アイオナ)という場所で、
アーユルヴェーダの考え方を基本とした料理や飲み物を出すベジタリアンレストランと、
ヨガや瞑想やリトリートやワークショップなどをおこなうスペース、
シェルミュージアム(貝殻博物館)、
そしてゲストハウスを営む場所である
ということだった。

この雰囲気…かくじつに
「魔女」がいる。
西洋から来た…
とんでもない魔女が…。

この門の
a0006008_23580021.jpg
向こうから
あらわれた。
西洋女性がっ!

わりとあっさり、さっぱりした女性だった。
50代くらいで、飾り気や化粧気の少ない、
さっぱりした人だ。
この場所を作った人かな…。
(奥に総ボスが控えてる可能性もある)

その人に、
「アロエベラジュース with パイナップル」
というのを頼んだ。

a0006008_00012510.jpg
きたー、これだーっ!
アロエベラパイナップルジュース!!
ストローが竹やッ!!
なんども使えるように!!
竹ストロー。
初体験かも。
おいしかった。

a0006008_00035966.jpg
メニュー。

a0006008_00044190.jpg
a0006008_00055056.jpg
a0006008_00063537.jpg
a0006008_00072350.jpg
おもしろかった。

じょじょに、だんだんと、植物たちとともに、
このスペースを形作っていったのだろう。

「ひとつの世界をつくりだす」
ということへの情熱、エネルギーを感じた。

ユーモアを持って、おもしろそうに、
やっている感じ。
「withユーモア」は大切でしょう。
軽やかに行こーよ。

「ひとつの世界をつくりだす」という点に、
僕は自分と相通ずるものを
感じたんじゃないかと思う。

とてもおもしろかった。
ありがとう。

[PR]
by kazeture | 2017-03-02 23:27 | インドネシア2017 | Comments(0)
<< ドラえもん好きな美青年との旅 アメッドの風景 >>