風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


海辺の生活

3月2日
バリ島アメッドの海辺の小屋で暮らしています。
今日で4日目。
ここの暮らしで気に入ったものを並べてみます。

・宿の朝食
a0006008_17123747.jpg
海の目の前のテラスでいただきます。
a0006008_17134923.jpg
バナナパンケーキ、フルーツ、バリコピ(バリコーヒー)
この宿では朝食は宿代に含まれています。



・バリコピ
a0006008_17163136.jpg
んっ?
なんか美味しいぞ…。
なんやこれは?
あれ…おかしいな…
以前、飲んだことなかったのか?
バリ産のコーヒー。
ざらっとしている。
(コーヒー豆を細かく挽いて、それをドリップせずに直接カップに入れてお湯を注ぐため、ざらっとしている。らしい)
なんだ、このざらり感は…。
ざらざらざらざら、僕の眠りこける脳細胞を揺り動かしやがる。
いったい何なのだこれは…。
ざらり感がやみつきになるという、
稀有なパターン。



・おじいさん
a0006008_17183033.jpg
素敵なサロン(腰布)を巻いた、かっこいいおじいさん。
道ばたで遭遇。

まるで自分の前世のようだ…?
と思った。

(海流でつながれたインドネシアと日本。僕はインドネシア海洋民に対し、非常な親近感を抱いている。何代か前の僕がインドネシアから荒海に出航し、日本列島までたどり着いたのだという気がする。)



・バナナ林
a0006008_17201311.jpg
僕は
バナナが
好きだ。
a0006008_17213149.jpg



・海の中
a0006008_17221286.jpg
海の中は珊瑚と熱帯魚の絶景だ。
今まで東南アジアの色んな海に潜った(素潜り)が、その中でも屈指だ。
海に入ってすぐに見られる、その「すぐさ」ではトップだ。



・ワルン
a0006008_17230123.jpg
ナシチャンプルーのローカルワルン(食堂)。
外国人向けのゲストハウスとカフェが建ち並び、ローカル向けが少ないアメッド。
その中にあって貴重。
a0006008_17240997.jpg
おいしかったー!!



・アグン山
a0006008_17245580.jpg
アメッドに来て4日目にして、はじめてお目見得したアグン山。
a0006008_17254206.jpg
バリ島の聖なる山の代表格、アグン山。
ずっと見たくて僕はうろうろさまよっていた。
a0006008_17264043.jpg
やっと見れた。(以前、見たことはある。バリ島からロンボク島へ行く船の上から)
a0006008_17271327.jpg
とんがってるー!
きれいな三角錐。
ピラミダルな山容。
かっこいいーっ!!
「かっこいい山で賞」をアグン山にあげるよ。


[PR]
by kazeture | 2017-03-02 17:06 | インドネシア2017 | Comments(2)
Commented by katcat2121 at 2017-03-16 18:50
失礼します
見知った場所、人に 出逢えて 不思議な驚きと喜びです
で、つい...(わ)
Commented by kazeture at 2017-03-17 13:06
アメッドは馴染みの場所なのですか?
どの人を知っておられるのでしょうか…?
アメッド、良いところでした〜。
<< アメッドの風景 アメッドへの道 >>