風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


南国の闇

a0006008_21545448.jpg
南国には闇がある。

南国の昼の光は明るく強く激しい。

目もくらむほどで、視界はチカチカして真っ白になる。

その反面、南国の闇は暗く黒く静かだ。

南国の家や宿の部屋の作りというのは、直射日光が部屋の中に入らないようにできている。

(写真は今泊まってるバリ島デンパサールの宿の部屋)

部屋の中は全面的に日陰になっている。

風は通るように作られていて、天井ではファンが回る。

僕は外を歩き回り、汗をかいてヘトヘトになって部屋に戻る。

部屋の中は、暗く、静かで、冷んやりしている。

おそらく外が暑すぎるからその落差で「冷んやり」感じるのだろう。

帰り着くとすぐにマンディ(水浴び)をする。

そしてベッドにゴロッと横になり、暗がりでファンの風に吹かれる。

と、30分〜1時間もすれば息を吹き返し、元気になってくる。

そしてまた外を探索しに出かけようという気になる。

うまくできてるなぁ、と思う。

外が明るいからこそ、内の闇が濃い。

そして、この怠惰な闇がやたらと魅力的なのだ。

というか、南国の怠惰な闇は最高だ。

輪郭のない闇から何かが生まれる。

暗い闇と明るい光と、両方セットで僕は南国が好きなのだ…と思う。

[PR]
by kazeture | 2017-02-24 21:49 | インドネシア2017 | Comments(2)
Commented by マリア at 2017-02-25 13:35 x
こんにちは。
異国の光と闇の・・・美しさにどっぷりと浸かり良い旅していますね。

>そして、この怠惰な闇がやたらと魅力的なのだ。

私も怠惰な闇を経験したいです。
Commented by kazeture at 2017-03-02 18:40
はい。
南の島に来てみてくださーい!
<< デンパサールの宿 クタからデンパサールへ >>