風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


飛行機って

a0006008_22263409.jpg
飛行機って、異常だと思いませんか。

あんなにもの凄いスピードで空間を移動し、
かつ、高低差の移動も非常に激しい。

にもかかわらず、中にいる人は普通にのんきに、いつもと同じであるかのように新聞を読んだりしてる。

みんな、おかしいんじゃないか?
と僕は思ってる。

あれは異常事態だ。
だから、異常な行動を取るのが普通だ。

たとえばエビみたいに体の殻を固くしてエビのような姿勢で壺の中に入ったまま静止する。
そういうふうにしようよ、みんな。

あの乗り物は、人間が中で普通を装うには速すぎるし、高低差が激し過ぎるのだ。
(気圧の差があり過ぎる。)

(「異常がろうよ」と言ってるだけで、
「飛行機を無くそうよ」と言ってるわけではありません。
異常がりたいだけです。)

さて、昨日はそんな乗り物に2回、
大阪→クアラルンプールの便に7時間
クアラルンプール→バリ島の便に3時間
乗って、ヘロヘロになった。

頭は痛むし、耳も痛む(コマクが破れるかと思った)し、
ヘロヘロのフラフラのヘトヘトになって、
僕はバリ島の空港に降り立った。

時に、午前零時。

果たして幸運の女神は微笑むのか?


[PR]
by kazeture | 2017-02-22 22:25 | Comments(0)
<< 真夜中バリ 「没収しマス。」 >>