風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


「没収しマス。」

a0006008_03423806.jpg
空を7時間飛び、マレーシアのクアラルンプールに着いた。

クアラルンプールに着くと、乗り換えて4時間半後にバリ島行きの便が出る。

ので、空港で待つ。

麺と麺がくっついて団子状になった、食べにくい麺料理を食べる。

そして、搭乗。

セキュリティチェックで荷物を検査された。

お兄さんがふたり、僕のザック(機内持ち込み。今回は預け荷物なしで持ち込むことにした)のエックス線画像を見てギャピギャピ騒いでる。

「何が入ってるんやーっ!?」
と、マレーシア兄さんが僕に叫ぶ。(英語です)

「え?  何も入ってへんよ。(ナイフも、持ってこなかったし)」と僕。

それに、日本出国時には無事にエックス線を通過してるのだ。

僕は、余裕しゃくしゃくで、
「何でも見てくれよ」と、
荷物を示した。

兄さんは「ここやーっ!」と吠えて、
ザックの中に
ズボッと腕を突っ込んだ!!

そして、
取り出した手に握られてたのは…?

コンタクトレンズの保存液、240mlかける2!!

大事な保存液だ!

「これ、アカンでー!!」
と、マレ兄が叫ぶ。

「えぇーっ!?」

「液体は100mlまでやもん。」

「えーっ、マジで?!」

「マジやがな! 没収しマス。」

うぎぁげげげげげ!

わが愛しのコンタクト保存液!

「アカンの?」

「アカンねん。すまんのう」と、彼はあやまった。

そーか。あーあ。しゅん。

またバリで買わねばならん。(売ってるやんな?!)

さよなら保存液…。

軽くなったザックをヒョイとかつぎ、

僕は搭乗口へ向かった。

様々な波乱を乗り越え、僕は進む。

バリ島には何が待っているのだろうか。






[PR]
by kazeture | 2017-02-22 03:41 | Comments(0)
<< 飛行機って 「発券できまセン。」 >>