風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


「発券できまセン。」

a0006008_21592795.jpg

2017年2月21日朝7時、僕は京都府八幡市の家を出ると関西国際空港に向かった。

エアアジアの関西空港発クアラルンプール行きの便に乗るためだ。

(写真は、関空に渡る橋の上)

関空に着き、チェックインカウンターに並ぶ。
僕の番が来た。

僕の予約確認書を見せる。

お姉さんが渋い顔をする。

中国系マレーシア人のリー姉さんである。色白でポニーテールのお姉さん。

「帰りは…どうするのですか?」

「帰り?」

僕は
大阪→クアラルンプール(マレーシア)
クアラルンプール→バリ島(インドネシア)
クアラルンプール→カトマンズ(ネパール)
の3つのチケットしか取ってない。

片道切符だけ持って行くのだ…。

「バリ島に入ったあと、どうするのですか?」

「えーと。バリ島からジャワ島、スマトラ島と移動して、スマトラから船でマレーシアに渡るつもりです」

「船っ?!」

「船です」

「船ーっ?!」

「はい。船で行きたいんですよ」

渋顏のリー姉は

「船で出るにしても、そのチケットが今無いとダメです。
発券できまセン。」

「えっ…」

船の切符なんてそんなん、現地に行ってから取ろうと思ってたんやけど…。

「どうにもなりませんか?」

「ハイ」

がぼぇ。

ヤバい。

行けない。

どーするどーする。

どうにかしないと。

アタマを無理矢理動かす。

そして、
「今、すぐに飛行機のチケットを取ればいいですか?ジャカルタからクアラルンプールへの」
と聞く。

「えー、あと15分以内ですが」

あと15分以内に自分一人の力でスマホでチケットを取れそうに思えない。
(Wi-Fiもつながってなかった)

そこで、
「すいません!いま取ってもらえませんか?」
と、お姉さんの前に鎮座しているパソコンを指差しつつ叫ぶ。

お姉さんは困りながら、15分後に3/21のジャカルタ→クアラルンプール便を取ってくれ(8000円でした)、

ぎりぎりセーフで僕のチケットは発券された。

午前11時、僕を乗せた飛行機は南へ飛び立った。

波乱含みの旅立ちとなった…。



(*エアアジアの日本人お姉さんによると、「最近どんどん厳しくなってて、出国チケット無いと入国できないんですよー」とのことです。)


[PR]
by kazeture | 2017-02-21 21:58 | Comments(0)
<< 「没収しマス。」 旅へ >>