風に連れられ旅をする… 旅人 清火(さやか)の写真+言葉
by kazeture
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


さよなら、エーユー姉さん

a0006008_19062936.jpg

携帯代の支出を減らすため、auからマイネオに乗り換えに行った。

京都ヨドバシのマイネオ・ブースへ。

若いマイネオ兄さんが迎えてくれた。

乗り換えるには、auに電話して予約番号を取得せねばならないという。

沖縄のauへ。

電話した。プルル…

沖縄のエーユー姉さんと話す。

お姉さんは、僕がauを解約するために電話したことを、既に知っている。

「2年2ヶ月もの長い間おつきあいしたのに、そんなにあっさりあなたは去ってしまうの?」
と、お姉さんに僕は責められる。

声が、しんみり度100パーセントだ。

そして目の前では、マイネオ兄さんがじっと僕を見つめる。

沖縄のエーユー姉さんは、非常に情け深い、やさしい、二重まぶたの、キレイな女性だった。(声から想像)

その女性が極限までしんみり感をかもしだしながら、
「2年2ヶ月もの長い間つきあった」と言ったのだ。

ここにグッときてしまった。

2年2ヶ月を、「長い間」という。

僕が長いと思わぬ、短いものを長いと訴えるお姉さんの言葉に、気持ちがグラッとする。

2年前に15年間のソフトバンク生活に別れを告げたときも、ソフト姉さんに電話で責められた。

が、そのときはほんとに「長い間」だったから、僕も淡々と対処することができた。

「2年2ヶ月もの長い間ーっ!」と詰めよってくる、沖縄のお姉さん。

どうしよう。

目の前ではマイネオ兄さんがじっと見る。
「ここで戻ってしまっては、なんにもなりませんよ」と、目で訴えてくる。

完全に、板ばさみ状態だ。

なんでこんなことになってしまったんだ。

俺の心はこんな場所に来ることを望んだのか。

あーもう、困る。

「マイネオに変わります!」と、とにかく言い張る僕。

「そうですか…。わかりました。長い間、ありがとうございました」

かわいそうなお姉さん。

まだ「長い」と言ってる。

「はい。ありがとうございました」

…こうして、やっとのことで、
マイネオに乗り換えることに成功しました。
[PR]
by kazeture | 2017-02-18 19:05 | Comments(0)
<< 旅へ 去年と今年 >>